Photoshopで合成を極める!

文字ツールのオプションバー

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字を入力するツールのオプションバーでは、フォントの種類、フォントファミリー、フォントサイズ、アンチエイリアスのサイズ、文字の揃え、文字の色、ワープテキストを設定することができます。入力した後からでも文字を個別に編集することができます。
講師:
04:56

字幕

文字を入力するツールのオプションバーではテキストの方向・フォントの種類・フォントスタイルフォントサイズ・アンチエイリアスの種類・文字の揃えフォントのカラー・ワープテキストなどを設定することができます。入力した後からでも文字を個別に編集することができます。ここでは横書き文字ツールを選んだ時のオプションバーを見ながら、どのようなことが設定できるのかを見ていきましょう。テキストの方向の切り替えはテキストを入力する方向、または入力したテキストの方向を切り替えるボタンです。横書き文字ツールを選択していても、ここをクリックすると縦方向になります。もう一度クリックすると元に戻ります。右下の段落テキストも同じように、クリックすると縦書きになり、もう一度クリックすると元に戻ります。その右にある「フォントファミリーを設定」ではクリックして一覧からフォントファミリーを選びます。入力前に設定することもできますし、入力後に変更することもできます。その右のフォントスタイルは選んだフォントファミリーによって選べる種類が異なりますが、一覧からこのようにスタイルを選ぶことができます。また選択できないフォントもあります。その右のフォントサイズを設定では、フォントのサイズを調整します。 一覧から選んだり、直接入力したり、左側をドラッグして、詳細にサイズを調整することができます。この右のアンチエイリアスの種類では、文字の輪郭をシャープにするのかなめらかにするのかを設定します。拡大表示をするとよくわかります。「なし」を選ぶと、このように輪郭がギザギザになります。また、「なめらかに」を選ぶと、透明な部分を含めてなめらかに処理されます。さらに右に並ぶ三つのボタンは文字の揃えを選択します。左揃え・中央揃え・右揃えこの中のいずれかを選ぶ必要があります。その右にあるのがテキストカラーの設定です。ここで文字を選択して、クリックするとカラーピッカーが開くので好きな色に変更して、確定をクリックすると文字の色を変えることができます。さらに右にあるのが「ワープテキストを作成」です。スタイルを一覧の中から選んで、調整量を設定して、適用することができます。そして最後は文字パレットと段落パレットを開くためのボタンです。ここではテキストを選択した状態で、文字間の調整や、行の調整ができます。文字ツールを選択した時には、オプションバーでの設定が不可欠です。いずれの文字ツールでも共通していますので、テキストを入力する際にはオプションバーに必ず注目するようにしましょう。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。