Photoshopで合成を極める!

ロゴを入力してみよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
後からでも細かい調整ができる写真入りロゴを作ります。まず横書き文字ツールで太めのフォントの文字を入力して、大きさや位置を調整しましょう。
講師:
01:56

字幕

後からでも細かい調整が出来るロゴ用のテキストを作ります。このレッスンでは、写真の上にテキストをこのように入力して重ねていきます。横書き文字ツールで太めのフォントの文字を入力して位置を調整するまでを解説します。ロゴに入れる写真を開きます。ツールボックスで「横書き文字ツール」を選びオプションバーでフォントを選びます。ここでは「Impact」というフォントを選びます。フォントのサイズはここでは72 を選択します。アンチエイリアスは「シャープ」を選び文字の揃えは左揃えを選びます。文字の色は何色でも構いません。わかりやすいようにここでは黒を設定しています。写真の左側をクリックすると、このようにカーソルが点滅します。この状態で ALMONDと大文字で入力をします。入力後はオプションバーの確定ボタンをクリックします。また、このように文字をクリックして編集可能な状態にしておくと、文字の外側をドラッグして位置を調整することができます。もう一度確定ボタンを押すとこのように位置が確定しました。このように、ロゴを使用する文字はできるだけ太くはっきりしているフォントを選ぶと、後から写真を入れた時にも引き立ちます。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。