gitでWebサービス開発のコミュニケーションをスマートに!

ローカルとリモートを同期しよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ローカルリポジトリをgithubに作成したリモートリポジトリと同期したい場合はgithubのページへアクセスし、同名のリポジトリを作成した上で、Webページに掲載されりるコードをコマンドラインから実行します。
講師:
05:34

字幕

ローカルに作成したリポジトリをGitHub のリポジトリと同期させましょう。GitHub へアクセスしリモートリポジトリを作成して用意されたコマンドをローカルで入力するだけです。では、早速やってみましょう。この様にGitHub のページへアクセスします。アカウントが作成されているとトップページはこの様な見た目に変わります。この一番上のバーの名前の横に「+」ボタンがあります。Create new... となっているので一回クリックします。そうすると、New repositoryNew oganization とでてきました。今回は、リポジトリを作りますのでNew repository をクリックします。ページが変わりました。ここに、いくつかの情報を入力して最後に、Create repositoryの ボタンを押せば OK です。ここはRepository nameローカルで作ったものと別のものでも大丈夫ですが自分が分かり易くなるので同名のものを入れておきましょう。こおでは、test と入力します。緑のチェックマークがあるので問題なく作れるようですね。Description はオプションです。 このリポジトリが何であるかを説明するものですが必須ではありません。今回は、飛ばしてしまいます。Public、後は READMEこれも今の段階では、まだ必要ないですね。Create repository のボタンを押します。そうすると、自分のアカウントの下にGitHub 上のリポジトリを作ることができました。すでにローカルでリポジトリを作っているのでこちらPush an existing repositoryfrom the command lineここの二行のコマンドをコピーしてターミナルで実行するだけです。まずは、一行目をドラッグして「コピー」ターミナルに切り替えて貼り付けをします。一行目が貼り付けられたことを確認してEnter を入力します。そして、またブラウザーに戻ってきて次は二行目をコピーします。先ほどと同様にターミナルに戻って二行目を貼り付きしてEnter を押します。ユーザ名を聞かれます。ここではmikiishijima と入力してEnter を押します。次に、パスワードを聞かれます。同様にパスワードを入力していきます。入力ができたらEnterこれで、しばらく待つとこの様に、いろんなログが出てきます。 下まで見てまた、Macs-Mac-miniここは自分のパソコンの名前ですね。test という風にここに「$」のマークが出ていれば処理は完了です。これでGitHub 上のリモートリポジトリと今自分のパソコンで管理しているローカルリポジトリの同期が完了しました。試しに、リモートリポジトリにファイルをアップしてみましょう。GitHub のリポジトリにファイルをアップするのにはまずローカルリポジトリでコミットした後そのファイルをプッシュというものをする必要があります。今の git のステータスを見てみましょう。ステータスコマンドを入力して今最新になっているようですね。この状況でgit push と入力してEnter を押します。そうすると、暫く何も出てきませんがこの様に少し待つとCounting obujects進ちょく状況が表示されつつつっとログがあり最後に、またいつも出ているこのプロンプトが表示されます。trainers とここに自分のパソコンのアカウントが表示されますので「$」と共に、自分のアカウントが表示されていたら問題ありません。これで、プッシュすることができました。では、本当にプッシュできたのかGitHub に戻って見てみましょう。 リロードを掛けてみます。そうすると、先ほどコードが表示されていた画面がこの様に変わり自分が投稿した a.txt というのが投稿されていることが分かります。開いてみると、同様なものですね。これで、プッシュすることができました。このレッスンではローカルリポジトリと GitHub 上にあるリモートリポジトリを同期される方法を紹介しました。

gitでWebサービス開発のコミュニケーションをスマートに!

コーディングしたデータは普段どのようにしてエンジニアに渡していますか?gitは作成したプログラムのバージョンを管理するツールですが、githubなどのプロジェクト開発のための共有ウェブサービスと合わせて使うことで、共同作業におけるコミュニケーションをスマートに効率よく行うことが可能になります。このコースではこれらの基本的な使い方を学びます。

48分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。