InDesignを使用した電子書籍制作

リフロー型とレプリカ型

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
電子書籍には、大きくリフロー型とレプリカ型があり、EPUBはリフロー型のデファクトスタンダードとして使用されていることを解説します。
講師:
03:14

字幕

まず最初に、「EPUB」とはどういったものなのかを、理解しておきましょう。一口に電子書籍と言ってもその用途や目的に応じて様々なものが存在します。全ての出版物が同じフォーマットの電子書籍というわけではありません。電子書籍といわれるものには一般的に大きく二つの流れがあります。一つはレイアウトが固定されたものこれを「レプリカ型」とか「レプリカタイプ」と呼びます。そして、もう一つが「レイアウトが可変」するものです。ユーザーが自由に文字サイズを変更できるためそれによってページの区切りが変わるものです。これを「リフロー型」 または「リフロータイプ」と呼びます。「レプリカ型」は主に雑誌やパンフレットなど、レイアウトを固定で見せたい出版物で使用します。「リフロー型」は、主にテキスト中心の書籍などで使用されています。ただし最近ではコミックなどの様にページを画像化してEPUBのパッケージの形にしたフィックス型と呼ばれるEPUB3のファイルもありますので。EPUBだからといって必ずしもリフローするというわけでもありませんので注意してください。InDesignにはこの両者のアプローチが用意されています。雑誌などのレプリカ型ワークフローとしては「Adobe Digital Publishing Suite」というソリューションが用意されています。 詳細はAdobeのサイト内の「Adobe Design Magazine」の「電子書籍」のページを参照してください。ガイドブックやサンプルファイルなどが用意されています。そして、リフロー型のワークフローにはEPUB書き出しの機能が用意されています。なおEPUBとは「InternationaDigital Publishing Forum」通称「IDPF」という団体が使用/作成しているオープンなフォーマットで現在、リフロー型のデファクトスタンダードとして、使用されています。リフロー型には、EPUB以外にも様々なフォーマットが存在しますが誰でも無償で自由に使用できるEPUBはいま最も期待されているフォーマットといえるでしょう。なお、現在の最新のバージョンはEPUB3となっておりEPUB2では定義されていなかった縦書きや右開きルビ、圏点、縦中横、回り込みなどにも対応しています。これにより、日本語環境でもどんどん普及してきています。ちなみにIDPFのサイトは英語で内容がよくわからないという方はEPUBの使用や作成方法などをわかりやすく解説している日本語のポータルサイトである「epubcafé」を参照すると良いでしょう。 このコースではInDesignを使用したEPUBファイルの作成方法を解説していきます。なおEPUBファイルはInDesignからしか作成できないというわけではありません。色々作成方法がある中の一つがInDesignを使用したものであるということです。主に印刷用に作成したドキュメントからEPUBを作成したいといったケースで使用されることが多いかもしれません。以上、EPUBとはどういったものなのかについて、解説しました。

InDesignを使用した電子書籍制作

InDesignはリフロー型フォーマットのデファクトスタンダードであるEPUBを書き出すことができます。このコースではInDesignでのEPUBの作成方法を基本からわかりやすく解説しています。EPUBで書き出すさいの設定方法や注意点なども解説しているので、InDesignで制作されたドキュメントからEPUBを作成してみたい方はぜひご覧ください。

2時間22分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。