InDesignを使用した電子書籍制作

EPUBに書き出されるものと書き出されないもの

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
InDesignドキュメント上のすべてのオブジェクトがEPUBにかきだされるわけではありません。どういったオブジェクトがEPUBに書き出されないかを解説します。
講師:
03:19

字幕

InDesign ドキュメント上のオブジェクトが全て EPUB のコンテンツに書き出されるわけでもありません。どういったオブジェクトがEPUB に書き出されないのかを理解しておく必要があります。このレッスンではEPUB に書き出されるものと書き出されないものについて、学びます。まず、現在開いているドキュメントをご覧ください。このドキュメントでまず、マスターページに移動してみましょう。「ページ」パネルを表示させ「A-マスター」をダブルクリックします。マスターページに移動します。マスターページ上にはこちらの青く塗られたパスオブジェクトそして柱そして、こちらにノンブルが作成されています。実は、これらのマスターページ上に作成されたオブジェクトはEPUB には書き出されません。ページ区切りのない EPUB ではノンブルなどは必要ないのであまり問題はないとは思いますがマスターページ上に EPUB に書き出したいオブジェクトがある場合にはドキュメントページ上に作成するなどして対処します。また、パスオブジェクトはそのままではEPUB に書き出されません。通常、書き出されるのはテキストオブジェクトと画像のみです。 では「2」ページ目に移動してみましょう。「2」ページ目にはドキュメント右下にこの様にパスで作成されたオブジェクトがあります。このままでは、このオブジェクトはEPUB に書き出されません。そのため、EPUB に書き出したいパスオブジェクトがある場合にはアンカー付きオブジェクトとしてテキスト中に挿入したり或いは「アーティクル」パネルに登録することでラスタライズされた画像としてEPUB に書き出すことが可能となります。ここでは、この猫のパスオブジェクトをアンカー付きオブジェクトにしてみましょう。「選択ツール」でこのパスオブジェクトを選択します。すると、右上のところに、この様にレイヤーカラーで四角形が表示されます。この「四角形」を掴んでテキスト中にドラッグします。ここにドラッグをします。この様に、マウスポインタの表示が変化したらマウスを離します。猫のイラストを確認してみましょう。この様に、「鎖のマーク」に変化していたらアンカー付けは完了です。では、このドキュメントから書き出したEPUB ファイルを見てみましょう。こちらが書き出した EPUB ファイルです。こちらを、今回iBooks で開いてみたいと思います。 するとこの様にパスオブジェクトがラスタライズされて画像として EPUB ファイルに挿入されているのがわかります。この様に、InDesign ドキュメント上のオブジェクトが全て EPUB に書き出されるわけではありません。書き出されるのは基本的にテキストと画像のみです。マスターページ上のオブジェクトとパスオブジェクトは書き出されません。以上、EPUB に書き出されるものと書き出されないものについて、学びました。

InDesignを使用した電子書籍制作

InDesignはリフロー型フォーマットのデファクトスタンダードであるEPUBを書き出すことができます。このコースではInDesignでのEPUBの作成方法を基本からわかりやすく解説しています。EPUBで書き出すさいの設定方法や注意点なども解説しているので、InDesignで制作されたドキュメントからEPUBを作成してみたい方はぜひご覧ください。

2時間22分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。