近日中に弊社のプライバシーポリシーが更新されます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visual Studio 2017の新機能

Visual Studio 2017のエディション

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Visual Studio 2017のエディションについて説明します。
01:47

字幕

このレッスンでは、Visual Studio 2017 のエディションについて説明します。Visual Studio 2017 で用意されているエディションのうち開発に使えるものとしては、Community 、Professional、Enterprise の3つのエディションがあります。それぞれのエディションでできることを確認するには、まずウェブブラウザを開いたあとアドレスバーにaka.ms/vs と入力し、ウェブサイトへ移動します。ウェブサイトへ移動したら[ダウンロード]ボタンをクリックしたあと、画面中央にある[Visual Studio 各エディションの比較]ボタンをクリックしましょう。すると、Visual Studio のエディションとそれぞれのエディションができる機能がリストアップされます。Visual Studio Community は無料で使える Visual Studio のエディションです。個人開発者や学術調査目的の開発者、オープンソース開発者、中小規模の企業や団体であれば無料で使うことができます。Professional は Community に対してコードレンズなどの便利な機能が使えるようになったエディションです。 またチーム開発などの機能も追加されています。Enterprise は Visual Studio の最上位バージョンです。Professional の機能に加えて高度なテスト機能やコード分析機能を利用することができます。なお開発に関する機能を除き、テストに関する機能のみを搭載したVisual Studio Test Professional というエディションも存在します。使いたい機能や状況に合わせて正しく選択を行いましょう。このレッスンでは、Visual Studio 2017 のエディションについて説明しました。

Visual Studio 2017の新機能

Visual Studioはマイクロソフト社が開発・販売する高機能な統合開発環境です。このコースではVisual Studio 2017で搭載された新機能の中から、特に優れた機能を紹介します。新しくなったIntelliSenseやアプリケーションを詳細にプロファイリングできる診断機能、デバッグやテストの最新機能などすぐに開発に活用できる機能を取り上げます。

59分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年04月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。