近日中に弊社のプライバシーポリシーが更新されます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visual Studio 2017の新機能

フォルダーを開く

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Visual Studio 2017で新たに搭載されたフォルダーを開く機能について説明します。
02:41

字幕

このレッスンでは Visual studio 2017 で新たに搭載されたフォルダーを開く機能について説明します。Visual studio 2017 ではプロジェクト・ソリューションの他にフォルダーを開く機能が追加されました。これによってプロジェクトファイルやソリューションファイルを持たないフォルダーをVisual studio で開き、編集することが可能となっています。フォルダー開くには[ファイル]メニュー>[開く]>[フォルダー]を選択し開きたいフォルダーを選択します。フォルダーを開くと[ソリューションエクスプローラー]は[フォルダービュー]として表示されます。もしこの開いたフォルダーの中にソリューションファイルやプロジェクトファイルなどが含まれている場合この[ソリューションおよびフォルダー]項目に検出されたソリューションが表示されます。この検出されたソリューションをクリックするとフォルダービューから、ソリューションの読み込みに切り替えることができます。同様にして、ソリューションを読み込んだ状態からこのフォルダー名をクリックするとフォルダーの読み込みに切り替えることができます。フォルダーを開いた状態であっても対応言語であれば通常通り、IntelliSense やリファクタリング機能を利用することが可能です。 例えば、この Item.cs ファイルを開きます。すると、このファイルはC# で記述されていますのでこのような CodeLens であったり、IntelliSense であったり、さらに[すべての参照を検索]などの検索機能を使うこともできます。例えば、Item クラスについて[すべての参照の検索]を行うとこのようにItem.cs ファイル以外のファイルをまたがった検索を行うことができます。同様にして、C++・Python などのファイルについてもIntelliSense を従来と同様にして記述することができます。またフォルダーの中にソリューションやプロジェクトが含まれていた場合通常のソリューション読み込みと同様にしてデバッグを行うことも可能です。ここで[XamarinApp.Android~]などを選択した場合このプロジェクトの構成が読み込まれ、通常通りビルドを行うことができるようになります。このレッスンではVisual studio 2017 で搭載されたフォルダーを開く機能について説明しました。

Visual Studio 2017の新機能

Visual Studioはマイクロソフト社が開発・販売する高機能な統合開発環境です。このコースではVisual Studio 2017で搭載された新機能の中から、特に優れた機能を紹介します。新しくなったIntelliSenseやアプリケーションを詳細にプロファイリングできる診断機能、デバッグやテストの最新機能などすぐに開発に活用できる機能を取り上げます。

59分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年04月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。