Visual Studio 2017の新機能

XAML

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Visual Studio 2017になって進化したXAMLエディターについて説明します。
01:24

字幕

このレッスンでは Visual Studio 2017 になって進化したXAML エディターのついて説明します。Visual Studio 2017 でXAML エディターに搭載された新機能として画面に表示されている3つの項目が挙げられます。このレッスンでは上の2つの項目について扱います。初めに Visual Studio 2017 のXAML エディターにはリファクタリング機能が追加されました。例えばリファクタリング機能の1つである名前の変更を使ってXAML の名前空間を変更した場合、その名前空間を参照しているシンボルも合わせて名前の変更が行われます。また名前の変更機能以外にも不要なユージングの整理やソート機能が導入され、別途拡張機能を入れることなく、XAML のリファクタリングができるようになっています。さらに XAML エディターに構造化表示が採用されました。構造化表示の例として、例えばインデントガイドなどが挙げられます。この例では Grid の要素間に点線が引かれ、それぞれの要素の深さが簡単にわかるようになっています。このレッスンでは Visual Studio 2017 になって進化したXAML エディターについて説明しました。

Visual Studio 2017の新機能

Visual Studioはマイクロソフト社が開発・販売する高機能な統合開発環境です。このコースではVisual Studio 2017で搭載された新機能の中から、特に優れた機能を紹介します。新しくなったIntelliSenseやアプリケーションを詳細にプロファイリングできる診断機能、デバッグやテストの最新機能などすぐに開発に活用できる機能を取り上げます。

59分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年04月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。