InDesignを使用した電子書籍制作

タグとクラス、ドキュメントを分割の指定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
InDesignの段落スタイルや文字スタイルに、タグやクラスの指定を行っておくことで、指定したタグやクラスが、EPUB内のXHTMLやCSSに使用されます。このレッスンでは、スタイルへのタグ・クラスの指定方法、およびドキュメント分割の指定について解説します。
講師:
06:52

字幕

InDesign の段落スタイルや文字スタイルにはタグやクラスの指定を行っておきます指定したタグやクラスがEPUB 内の.xhtml やcss に使用されますこのレッスンではスタイルへのタグ/クラスの指定方法及び ドキュメント分割の指定について学びますInDesign CS5 までは段落スタイルや文字スタイルのスタイル名がそのままEPUB 内の.xhtml や css のタグやクラスに使用されていましたがタグやクラスには日本語は使用できないためスタイル名を英数字に変更しておくなどの処理が必要でしたしかしInDesign CS 5.5 からは段落スタイルや文字スタイルの編集ダイアログ上でタグとクラスの指定が可能となったためスタイル名を日本語のまま運用することができるようになりました現在表示しているドキュメントでタグやクラスを指定してみましょうこのドキュメントにはこの様に段落スタイルや文字スタイルがいくつか作成してありますInDesign から書き出したEPUB をコントロールするためにはこれらスタイルに対してタグやクラスを指定しておきます「段落スタイル」パネル或いは「文字スタイル」パネルのパネルメニューから「すべての書き出しタグを編集...」こちらを選択します「すべての書き出しタグを編集」ダイアログが表示されますこのダイアログ上にはドキュメントで使用している全ての段落スタイルと文字スタイルがリストアップされていますこのダイアログ上で各スタイルに対してタグとクラスを指定していきます見出しという段落スタイルにタグを設定してみましょうこの様にクリックするとプルダウンメニューから目的のものを選択することができますここから目的のタグを選択しますここではh1 を選択しましたここに表示されていないタグを直接入力しても構いません次にクラスをクリックしてみましょう文字が入力可能になるので任意の文字を入力しますここではmidashiと入力しました今度は 文字スタイル kenten のタグをクリックしてみましょう文字スタイルの場合にはspan em strongといったタグが選択できますもちろん直接タグを入力しても構いませんここではspan タグを選択しましたそしてクラス にはsesameと入力しました同様の手順で他のスタイルにもタグとクラスを指定していきますここでは目次用 をタグ:pクラス:mokuji本文 をタグ:pクラス:main奥付け をタグ:pクラス:okuzukeと設定しましたInDesign CC からはオブジェクトスタイルへのタグやクラスの指定も可能になっていますこちらのオブジェクトスタイルを見てみましょうdiv タグや span タグを選択可能になっています次にEPUB を分割の設定をしますここにチェックを入れるとそのスタイルごとで.xhtml のファイルが分割して EPUB に書き出されます長文ドキュメントの場合分割しておかないとEPUB を表示するリーダー側の動作が重くなるなどの問題が起きるためある程度の分量で.xhtml を分割しておくのがお勧めです一般的には 章 などで分割しておくと良いでしょうここでは見出し のところの EPUB を分割こちらにチェックを入れますこれで見出し の段落スタイルの前で.xhtml が分割されることになりますcss に含めるこちらを見てみましょうデフォルトでは全て「オン」になっていますが「オフ」にすることも可能ですこの設定を「オフ」するとそのスタイルはcss に書き出されなくなります特に理由がなければ通常は「オン」のままにしておきます[OK] ボタンをクリックしてダイアログを閉じますタグやクラスをまとめて指定するのではなくスタイルごとに設定することも可能ですその場合目的のスタイル名をダブルクリックして「スタイルの編集」ダイアログを表示させれば OK ですこの様にスタイル名をダブルクリックします「段落スタイルの編集」ダイアログが表示されたら左側のリストからタグを書き出しこちらを選択しますここでも同様の設定ができることが確認できます書き出しの詳細のところにはcss にどの様に書き出されるのかを確認することもできます[OK] ボタンをクリックしてダイアログを閉じます書き出した EPUB ファイルの中身を見てみましょうこちらのフォルダが書き出された EPUB ファイルを解凍したものですこちらを開いてみましょうこちらのOEBPS を開きます拡張子 .xhtml のファイルが連番でいくつか存在しますこれは段落スタイル 見出し に対してEPUB を分割する指定を行ったため.xhtml ファイルが分割されたというわけです分割の指定をしなければ.xhtml ファイルは一つしかありません今度はcss フォルダ内のcss ファイルを見てみますこちらを開いてみましょうcss ファイルを見てみるとこちらが 奥付 の設定そしてこちらが 本文 の設定そして こちらが 見出し の設定更にこちらが 圏点 の設定となっています指定したとおりにcss に書き出されています段落スタイル 目次用はまだドのテキストにも適用していなかったのでcss には書き出されてはいませんスタイルに対してタグやクラスを指定しておくとその内容で .xhtml やcss に書き出されます後から EPUB を編集しやすくするためにもきちんと設定しておきましょう以上スタイルへのタグ/クラスの指定方法及び ドキュメント分割の指定について学びました

InDesignを使用した電子書籍制作

InDesignはリフロー型フォーマットのデファクトスタンダードであるEPUBを書き出すことができます。このコースではInDesignでのEPUBの作成方法を基本からわかりやすく解説しています。EPUBで書き出すさいの設定方法や注意点なども解説しているので、InDesignで制作されたドキュメントからEPUBを作成してみたい方はぜひご覧ください。

2時間22分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。