近日中に弊社のプライバシーポリシーが更新されます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visual Studio 2017の新機能

ライブ単体テストの概要

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Visual Studio 2017で新たに搭載された、ライブ単体テストについて説明します。
02:49

字幕

このレッスンでは Visual Studio 2017 で新たに搭載されたライブ単体テストについて説明します。ライブ単体テストはVisual Studios のテスト開発を非常に便利にしてくれる機能です。ライブ単体テストを使うにはテストしたいプロジェクトとテストプロジェクトをソリューションに追加した後、[テスト]>[Live Unit Testing]>[開始]ボタンをクリックします。Live Unit Testing を開始すると行番号の右側に1カラム、テストの分析結果に関する項目が表示されるようになります。それでは実際にテストを書いてみましょう。こちらがテストコードです。ではテストコードを追加してみます。例えばこのテストコードではName メソッドをテストしてみます。Name メソッドは Hoge という文字を返すものである、という風にテストを記述しています。すると自動的にテストが行われこの結果が異なるということを自動的に分析してくれます。それではソースコード側をこのテストに合わせてHoge という文字列を返すように変更してみましょう。すると、リアルタイムにテストが実行されこのテストが成功したということが表示されます。 同様にして Plus に関してもテストを書いてみます。例えば Plus のテストケースとして「1」と「2」を渡した時に「3」を返す挙動を確認しています。これを保存するとテストが自動的に実行されます。テストの結果はPlus は正常に動作していないという風に判定されます。これは Plus では必ず「0」を返しているためです。よってこの Plus メソッドを正しく「a + b」の結果を返すように変更してみましょう。すると正常にテストが通り、テストが成功しているということがわかります。このように、テストコード及びテスト対象となるソースコードを変更するたびに毎回ビルドを行う必要なくテストを自動的に行ってくれるのがライブ単体テストの強みです。Visual Studio 2017 でテスト開発を行う際、非常に便利な機能ですのでぜひ使いこなしていきましょう。このレッスンでは Visual Studio 2017 で搭載されたライブ単体テストについて説明しました。

Visual Studio 2017の新機能

Visual Studioはマイクロソフト社が開発・販売する高機能な統合開発環境です。このコースではVisual Studio 2017で搭載された新機能の中から、特に優れた機能を紹介します。新しくなったIntelliSenseやアプリケーションを詳細にプロファイリングできる診断機能、デバッグやテストの最新機能などすぐに開発に活用できる機能を取り上げます。

59分 (23 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年04月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。