初めて学ぶCreateJS

フィルタのクラスをインストールする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィルタはEaselJSライブラリに備わってます。けれど、easeljs-0.5.0.minのJSファイルには含まれません。そのため、フィルタを使うにはJSファイルをインストールする必要があります。
講師:
02:48

字幕

フィルタのクラスは EaselJS のライブラリの構成要素です 但し JavaScript ファイルについては 1つ注意が必要です というのは lib フォルダの中にある― easeljs-0.5.0.min このファイルの中にはフィルタのクラスが 含まれていないからです ということはフィルタを使いたい場合には 別途インストールする必要があります 左側に開いているフォルダは EaselJS の ページからダウンロードしたファイルです その中の lib のファルダが 作業用のスペースにコピーしてあります ではフィルタのクラスをどうしたら 良いかというと src ソースの意味でしょう これを開けると EaselJS というフォルダがあります その中のフィルタのクラスだけ コピーしても良いのですが 何か間違えるといけませんので 纏めて全部コピーしてしまいましょう これを作業用のフォルダに コピーとして持っていきます これで EaselJS のフィルタのクラスも 使う準備が整いました html ドキュメントでは script 要素で 使うフィルタのクラスを読み込みます 例としてボックスブラーフィルタを 使いたいとしましょう script 要素です そして src DreamWeaver では「参照」で ファイルを設定することができます EaselJS 先程コピーしたものですね 開いて filters この中に様々なフィルタがあります BoxBlurFilter はこれです そして OK script の要素 タブを閉じます 但しどのようなフィルタを使うにしても その一般的な設定の― クラスファイルがありますので それも必ず読み込むようにして下さい それは使うフィルタの前に script 要素として書き込みます 同じく script 要素で src そして場所は一緒です filters の中の Filter という名前ですね まんまですけれど これは必ず必要になります OK で読み込みます タグを閉じて これでボックスブラーフィルタを使う 準備が整いました 後は JavaScript コードとして この フィルタを使うための処理を書いていきます フィルタのクラスを使うための インストールについてご説明しました

初めて学ぶCreateJS

このコースではCanvasへの簡単な描画からTweenJSによるトゥイーンアニメーション、PreloadJSでの外部画像ファイルの読み込みやSoundJSでのサウンドの再生などのさまざまな種類のスクリプティングについて解説します。さらにEaselJSでのマウスによるインタラクティブな操作やフィルタを使った動的な表現なども紹介します。

3時間31分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年02月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。