InDesignを使用した電子書籍制作

箇条書きを設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
InDesignの箇条書きのリストタイプには、[記号]と[自動番号]があります。これらの設定は、<ul>タグや<ol>タグとして、EPUBに書き出すことができます。
講師:
05:58

字幕

InDesignの箇条書きのリストタイプには記号と自動番号があります。これらの設定は、ulタグやolタグとしてEPUBに書き出すことができます。このレッスンでは箇条書きの設定方法について、学びます。まずこちらのドキュメントをご覧ください。こちらの「奥付」のテキストには既に箇条書きが設定されています。「文字ツール」でこのテキストを選択して確認してみましょう。テキストを選択したら、「文字」パネル或いはコントロールパネルのパネルメニューから「箇条書き...」を選択します。「箇条書き」ダイアログが表示されます。「リストタイプ」を見てみると「記号」が指定されており「※」を使用しているのがわかります。「キャンセル」ボタンをクリックしてダイアログを閉じましょう。では、このドキュメントからEPUBを書き出してみます。「ファイル」>「書き出し...」を選択します。「書き出し」ダイアログが表示されます。Macの方は「形式」Windowsの方は「ファイルの種類」に「EPUB」を選択します。次に「名前」と「場所」を指定します。ここでは「名前:sample_A」とします。「場所:デスクトップ」とし「保存」ボタンをクリックします。 「EPUB書き出しオプション」ダイアログが表示されます。「テキストオプション」の「記号」の項目を見てみましょう。ここには、「番号なしリストにマップ」「テキストに変換」のいずれかを選択することができます。「番号なしリストにマップ」を選択するとそのまま箇条書きとしてulタグが使用されますが「テキストに変換」こちらを選択すると箇条書きの記号はテキストに変換されてEPUBに書き出されます。ここでは、「番号なしリストにマップ」を選択して、OKボタンをクリックします。EPUBが書き出されるので該当箇所に移動してみましょう。「奥付」の該当箇所を見てみるとこの様に箇条書きは反映されていますが字形が変わってしまっています。この様に、InDesign上で使用している字形が使用できるわけではないので注意しましょう。なお、「テキストオプション」の「記号」に「テキストに変換」を選択していた場合には元の記号のまま書き出すことが可能です。では、書き出されたEPUBファイルを解凍したフォルダの中を見てみましょう。こちらの「sample_A」というフォルダが、解凍したフォルダになります。中身を見てみます。「OEBPS」フォルダを開きます。 こちらの「.xhtml」ファイルを開きます。こちらを確認してみるとこの様に「ul」タグが使用されているのを確認することができます。ではファイルを閉じます。InDesignドキュメントに戻ります。では、今度は別のドキュメントに切り替えてみましょう。こちらのドキュメントでは、既に箇条書きを自動番号に設定して、作成してあります。テキストを選択します。「文字」パネル、或いはコントロールパネルのパネルメニューから「箇条書き...」を選択します。「リストタイプ:自動番号」 が選択されているのを確認することができます。また、「形式」にはこちらの「漢数字」を指定してあります。「キャンセル」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。では、このドキュメントからEPUBを書き出してみます。「ファイル」>「書き出し...」を選択します。「書き出し」ダイアログが表示されるのでこちらに「EPUB」を選択し「名前」と「場所」を指定します。ここでは「名前:sample_B」「場所:デスクトップ」として「保存」ボタンをクリックします。「EPUB書き出しオプション」ダイアログが表示されます。では、「テキストオプション」の「番号」を確認してみましょう。 こちらには現在「番号付きリストにマップ」が選択されていますが「テキストに変換」を選択することもできます。「番号付きリストにマップ」を選択するとそのまま箇条書きとしてolタグが使用されますが「テキストに変換」を選択すると箇条書きの記号はテキストに変換されてEPUBに書き出されます。ここでは「番号付きリストにマップ」こちらを選択してOKボタンをクリックします。EPUBファイルが書き出されますので該当箇所を見てみましょう。この様に自動番号の箇条書きは反映されていますが残念ながら漢数字が算用数字に変わってしまっています。この様に、一部反映されない番号もありますので、注意してください。算用数字であれば問題なく使用することができます。では、書き出されたEPUBファイルを解凍したフォルダの中身を見てみましょう。こちらの「sample_B」というフォルダが、解凍したフォルダです。中身を見ていきます。「OEBPS」フォルダを開きます。こちらの「.xhtml」ファイルを開きます。するとこの様に「ol」タグが使用されているのが確認できます。ファイルを閉じます。この様に、InDesignの箇条書きをEPUB書き出す場合デフォルト設定では、記号にulタグ自動番号にolタグが適用されますが「EPUB書き出しオプション」ダイアログで箇条書きをテキストとして書き出すこともできます。 実際の運用では箇条書きに対して段落スタイルを作成しタグは自動のままとしクラスのみを設定しておくと良いでしょう。以上、箇条書きの設定方法について学びました。

InDesignを使用した電子書籍制作

InDesignはリフロー型フォーマットのデファクトスタンダードであるEPUBを書き出すことができます。このコースではInDesignでのEPUBの作成方法を基本からわかりやすく解説しています。EPUBで書き出すさいの設定方法や注意点なども解説しているので、InDesignで制作されたドキュメントからEPUBを作成してみたい方はぜひご覧ください。

2時間22分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年04月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。