InDesignステップアップ講座

検索と置換を活用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
[検索と置換]では、[テキスト][正規表現][字形][オブジェクト][文字種変換]の5つのタブが用意されており、目的に応じてこれらのタブを切り替えながら作業できます。このレッスンでは、検索と置換の活用方法について解説します。
講師:
10:52

字幕

InDesign には強力な検索と置換の知能が用意されています単なる文字列の検索/置換だけでなくコード番号や正規表現を用いた検索/置換更には オブジェクトの属性の検索と置換も可能ですこのレッスンでは検索と置換を様々に活用する方法について学びます検索/置換を実行するためには編集 > 検索と置換...を選択します[検索と置換]ダイアログが表示されますテキスト 正規表現 字形オブジェクト 文字種変換 の5 つのタブが用意されており目的に応じてこれらのタブを切り替えながら作業をしますまずは テキストタブを選択してみましょうここでは 通常のテキストの検索/置換ができます検索文字列 と 置換文字列 にテキストを入力してみましょうここでは 検索文字列 にカタカナで( 入力中 )インデザインと入力しましたそして 置換文字列  には 欧文で( 入力中 )InDesignと入力しました次に検索 のプルダウンメニューから目的のものを選択しますこの様に何も選択していない時の表示更にはテキスト内にカーソルがある時の表示そしてテキストを選択している時の表示それぞれ表示される内容が異なりますので目的に応じて使い分けてくださいここでは ドキュメントこちらを選択しておきますでは 検索してみましょう[検索] ボタンをクリックしますすると 検索文字列 に入力したテキストにマッチする文字列が選択された状態で表示されます目的に応じてボタンをクリックしていきますこちらの [置換]ボタンをクリックすると置換文字列 に入力したテキストに置換されます[すてべを置換]ボタンをクリックするとマッチしたテキスト全てが置換されます[置換して検索]ボタンをクリックすると現在ヒットしているテキストを置換した後に次にマッチするテキストが選択されます現在ヒットしているテキストを置換せず次にマッチするテキストを選択したい場合には[次を検索]ボタンをクリックしますここでは[置換]ボタンをクリックしますこの様にテキストが置換されますなおよく使用する検索と置換の設定は[クエリを保存]アイコンをクリックすることで保存していつでも呼び出して使用することができますこちらが [クエリを保存] アイコンですInDesign では予め いくつかの クエリ が登録されておりクエリ のプルダウンメニューから選択して使用することもできます先ほど 検索対象にはドキュメントを選択しましたがこちらのアイコンをそれぞれ[オン/オフ] を切り替えることで目的のものを検索する/しないといった設定も可能ですこちらはロックされたレイヤー及びろっくされたオブジェクトを含める かどうかロックされたストーリを含めるかどうか非表示のレイヤー及び非表示のオブジェクトを含める かどうかマスターページを含めるかどうか脚注を含めるかどうか大文字と小文字を区別するのかどうか単語として検索するのかどうかカナを区別するのかどうか全角・半角を区別するのかどうか など目的に応じてアイコンの [オン/オフ] を切り替えて設定をしてください今度は正規表現を使用して検索/置換してみましょう正規表現とは文字列のパターンを表現する表記法で通常の文字とメタキャラクターといわれる特殊文字を組み合わせて使用します使いこなせば高度な検索/置換を実現することができますここでは「」 で囲まれた文字列に対して任意の文字スタイルを適用してみましょうまず正規表現 タブを選択します検索文字列 に 正規表現を入力します正規表現がわかる人は直接入力しても構いませんがわからなければこちらの[検索のための特殊文字]のポップアップメニューをクリックして任意の特殊文字を選択することも可能ですここでは「」 で囲まれた文字列を検索したいのでまずこちらに「」 を直接入力します「」 内には何らかの文字が入力されているはずなので「」 内にカーソルを置きます続けてこちらのポップアップメニューからワイルドカード > 文字こちらを選択しますするとこの様に[ . ] が入力されますこの [ . ] は文字としての [ . ] ではなく文字を表すメタキャラクターです更に 「」 内には何文字か文字があるはずです何文字あるかはわかりませんが最低でも一文字はあるはずですそこで こちらから繰り返し > 1 回以上 (最小一致)こちらを選択しますすると +? と入力されますこれで 検索文字列 の指定は終了ですでは こちらの [詳細設定]ボタンをクリックしましょう新たに検索形式 と置換形式 の設定が可能となりますここでは置換形式 のこちらのアイコン[変更する属性を指定]こちらをクリックしてみましょう[置換形式の設定]ダイアログが表示されますここでは 文字スタイル のプルダウンメニューから適用したい文字スタイルを選択しますここでは こちらのred を選択しますなお 検索するテキストの段落に対して書式を適用したい場合には段落スタイル の項目を指定します[OK] ボタンをクリックしてダイアログを閉じます指定した文字スタイルが置換形式 に反映されますでは 検索の範囲をドキュメントこちらに設定して[検索] を実行してみましょうここでは [すべてを置換]ボタンをクリックしますすると検索が完了したことを表すメッセージが表示されドキュメント内の全ての 「」 に対して文字スタイルが適用されます「OK] ボタンを押して確認してみましょうこの様に検索文字列 で指定した正規表現にマッチする文字列に対して指定した文字スタイルが適用されているのがわかりますこれは ほんの一例ですが正規表現を用いることで高度な検索/置換が実現できます今度は字形 を置換してみましょうここでは辺 という字形を異体字の 邊に置換してみたいと思いますこちらの 辺 を置換してみましょうまず [文字ツール] でこの様に文字を選択したら右クリック或いはMac の方はControl + クリックコンテキストメニューを表示させましょうこちらに[検索に選択した字形を読み込み]というのを選択しますするとこの様にこちらに 辺 の字が選択された状態で[検索と置換]ダイアログが表示されます次に こちらに置換する字形を指定しますここでは ID のところにUnicode 或いは GID/CID のいずれかを選択可能になっていますそれぞれコード番号を入力することで目的の字形に置換することができますここでは GID/CID を選択し14235 と入力しましたするとこの様に置換する字形がこちらに表示されますでは [置換] を実行します[すべてを置換]ボタンをクリックします[OK] ボタンをクリックしますするとこの様に辺 の字が異体字の 邊 に置換されましたなお 一文字を置換するだけであれば[字形] パネルから置換すれば良いのですがたくさん 置換する字形がある場合にはこちらの [検索と置換] ダイアログから置換すると良いでしょうなお 文字のコード番号は[字形] パネルでその字形にマウスを重ねると表示させることができます今度はオブジェクトを検索/置換してみましょうここではドロップシャドウを適用したオブジェクトを検索しドロップシャドウを削除したいと思いますまず [検索と置換] ダイアログでオブジェクト タブを選択します次に検索オブジェクト形式 のこちら[検索する属性を指定]ボタンをクリックしますするとこの様なダイアログが表示されますこちらの 効果 のドロップシャドウ を選択します選択したら こちらのドロップシャドウ の[オン] をクリックします[OK] ボタンをクリックしますなお 詳細な設定をすることで設定した値のドロップシャドウのみを検索することも可能ですがここでは他に何も設定しないでおきます設定した内容が検索オブジェクト形式 のウィンドウに表示されます次に置換オブジェクト形式 の[変更する属性を指定]ボタンをクリックしますこの様なダイアログが表示されますこちらのドロップシャドウ を選択し今度は [オフ] を選択します[OK] ボタンをクリックします設定した内容がこちらのウィンドウに表示されますこれで設定は終わりです検索:ドキュメントとし[置換] を実行してみましょう[すべてを置換]ボタンをクリックしますこちらのオブジェクトのドロップシャドウが削除されます[OK] ボタンをクリックします最後に文字種を置換してみましょうまず [検索と置換] ダイアログで文字種変換 タブを選択しますここでは全角英数字 を半角英数字 に置換してみましょう検索文字列 と 置換文字列 のそれぞれにプルダウンメニューから目的のものを選択しますここでは検索文字列:全角英数字置換文字列:半角英数字を指定しましたでは[検索] ボタンをクリックしてみましょうするとこの様に全角英数字がフィットします[置換] ボタンをクリックすると全角英数字 が 半角英数字 に置換されますこの様に 検索と置換の機能では様々な検索/置換が可能です単なる文字列の検索/置換だけでなく高度に活用できることがお分かりいただけたでしょうか以上 検索と置換の活用方法について学びました

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。