InDesignステップアップ講座

目次を作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
段落スタイルを適用したテキストから目次を生成できます。このレッスンでは、目次の作成方法および更新方法について解説します。
講師:
06:04

字幕

目次はInDesign の目次機能を使用してテキストを抽出すると便利です。抽出したいテキストに予め 段落スタイルを設定しておくことで目次として抽出が可能です。ページの増減やテキストの修正があった場合でも目次の更新を実行すれば自動的に目次の内容も修正されます。このレッスンでは目次の運用方法について学びます。InDesign では任意の段落スタイルから目次を作成することができます。つまり目次として抜き出したいテキストには予め 段落スタイルが適用されている必要があるわけです。実際の目次作成の作業ではまず、サンプルテキストをもとに目次で使用する段落スタイルを作成しておきます。ここでは こちらのサンプルテキストを作成しました。こちらのサンプルテキストには目次タイトル目次 A目次 Bといった様な段落スタイルが予め 作成してあります。また、タブで作成しているリーダー径は位置を文字の中心にしフォントも変更した文字スタイルリーダー用 を作成しています。選択して適用するとリーダー径が文字の中心に移動します。では[選択ツール] に持ち替え選択を解除します。実際に目次を作成していきましょう。レイアウト > 目次...を選択します。 [目次]ダイアログが表示されます。タイトル には目次として使用するタイトルのテキストを入力しします。ここではCONTENTS と入力しました。なお、目次タイトルを使用しないのであれば入力しなくても構いません。また、このタイトルテキストに適用する段落スタイルを指定します。ここでは予め作成しておいた目次タイトルという段落スタイルを選択します。次に 目次として抜き出したい段落スタイルを指定します。こちらのその他のスタイル にはこのドキュメント内で使用している段落スタイルが全てリストアップされているのでこの中から 目次として抜き出したい段落スタイルを選択して[追加] ボタンをクリックします。ここでは 扉という段落スタイルを選択し[追加] のボタンをクリックします。この段落スタイルが段落スタイルを含む 欄に登録されます。同様の手順で目次として抜き出したい段落スタイルを全て 段落スタイルを含む に追加します。ここではタイトルという段落スタイルも[追加] ボタンをクリックして追加をしておきます。なお、こちらの項目を詳しく設定するために[詳細設定] ボタンをクリックして詳細設定を表示させておきます。新しく表示された設定では目次として抜き出すテキストに対してどの様な設定で書き出すかを指定します。 目的の段落スタイルを選択します。ここでは 扉 を選択します。こちらの項目スタイル には目次として抜き出すテキストに対して適用する段落スタイルを指定します。ここでは予め作成しておいた目次 Aという段落スタイルを選択します。次に ページ番号 を設定します。ここでは ページ番号をどの様に生成するかを指定します。項目後 を選択しました。また、ページ番号 に適用するスタイル も指定できますがここでは特に指定はしません。項目と番号間にはこちらのポップアップメニューから目的のものを選択できますがここではデフォルト設定のタブ のままとしておきます。そして、この タブ の スタイル には文字スタイル リーダー用こちらを選択しておきます。同様の手順でこちらの タイトル に対しても各項目を設定していきます。項目スタイル に目次 B項目後そして こちらのスタイルにリーダー用選択します。設定が終わったら[OK] ボタンをクリックします。すると、この様にマウスポインタが[テキスト保持] アイコンに変化します。目次をスタートさせたい位置で配置します。クリックして配置します。拡大してみましょう。するとこの様に指定した段落スタイルが適用された状態で目次が作成されます。 では、目次の更新をしてみましょう。ここではページ数を変更してみます。[ページ] パネルを表示させここでは 6 - 7 ページを選択します。[選択されたページを削除]ボタンをクリックします。2 ページを削除しました。この様にドキュメントの内容に変更があった場合目次を更新できます。現在のこちらのページ番号を覚えておいてください。まず [文字ツール]でテキスト内にカーソルを置きます。次にレイアウト > 目次の更新を実行します。すると、目次が正常に更新されたことを表す[情報]ダイアログが表示されます。[OK] ボタンをクリックします。するとこの様に目次の内容が更新されているのがわかります。なお、[目次] ダイアログの[スタイルの保存]ボタンをクリックすると設定内容を目次スタイルとして保存し他のドキュメントで読み込んで使用することができます。よく使用する設定は保存しておくと良いでしょう。読み込みはレイアウト > 目次スタイル...こちらを選択することで実行可能です。このレッスンでは目次の運用方法について解説しました。目次を 目次機能を使わずに制作しているケースを見かけますが修正も全て手作業になりミスも起こりやすくなります。 必ず目次機能を使うようにしましょう。以上 目次の運用方法について学びました。

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。