InDesignステップアップ講座

索引を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
索引の登録方法および作成方法について解説します。索引パネルを使用して読みを入力すれば登録できます。
講師:
06:43

字幕

索引として抽出したい文字列は[索引] パネルを利用して登録していきます登録した索引項目には読み の設定を行いますが同じ単語はまとみて登録することもできます索引対象もスタイルなどの書式の設定をはじめページ番号の表示など詳細にコントロールが可能ですこのレッスンでは索引の運用方法について学びます索引として抽出したい文字列は[索引] パネルに登録する必要がありますまず ウィンドウ > 書式と表 > 索引を選択します[索引] パネルが表示されます次に [文字ツール] で索引として登録したい文字列を選択しますここでは こちらの開始位置という文字列を選択します[索引] パネルの[新規索引項目を作成]ボタンをクリックしますすると この様に選択していた文字列がこちらに入力された状態で[新規ページ参照]ダイアログが表示されますこちらの 読み に読みを入力しますここでは( 入力中 )かいしいちと平仮名で入力しますなお 登録した文字列がアルファベット 平仮名 カタカナ の場合には読み仮名を入力する必要はありませんただし 漢字とカタカナが混在するようなケースでは正確にソートさせるためにもきちんと入力するようにしますこちらの参照形式 には任意の項目を選択することができます目的に応じて選択してくださいここでは現在のページ にしておきますなお [すべて追加]ボタンをクリックするとドキュメントやブック内の同じ文字列を検索し自動的に索引項目として追加することができますただしデザイン を登録したのにインデザイン という単語も登録されてしまうといった風に思わぬ文字列を追加するケースもあるので必ず該当箇所を確認するようにしましょう[OK] ボタンをクリックしますこちらを展開していきますするとこの様に開始位置という文字列が[索引] パネルに登録されますでは 書式 > 制限文字を表示を選択してみましょうこちらを選択しますするとこの様に索引を表す制限文字が挿入されているのがわかりますこれを索引マーカー と呼びます[文字ツール] でこちらの索引マーカーを選択するとこの様に 選択することが可能ですこのまま 例えばDelete を押すとこの様に索引を削除するといったこともできますこの様に 同様の作業を繰り返して索引項目として登録する文字列を追加していきますでは 既に索引をいくつか登録してたドキュメントがありますのでそちらに切り替えて作業を進めていきますこちらに切り替えますまず [索引] パネルを見てみましょう[索引] パネルには参照 と 見出し を切り替えるチェックボックスがあります参照 を選択している場合にはこの様に索引項目の見出しやページ参照が表示されますこれに対し見出し を選択すると見出し のみが表示されます用途に応じて切り替えてくださいでは 実際に索引を作成してみましょう[索引] パネルの[索引の作成]ボタンをクリックしますすると [索引の作成]ダイアログが表示されますまず タイトル を入力しますここではindex と入力しましたなお こちらの [詳細設定]ボタンをクリックすると更に詳細な設定が可能となります索引に適用する段落スタイル の指定をはじめページ番号の区切り やページ範囲に使用する文字 の指定ページ番号に使用する文字スタイル など様々な項目の設定が可能です目的に応じて設定をしてくださいここでは このまま[OK] ボタンをクリックしますすると この様にマウスポインタが[テキスト配置] アイコンに変化しますこちらのテキストを配置してみましょうこちらの位置でクリックして配置しますこの様に 索引が作成されますまた 索引に使用されている段落スタイルが自動的に[段落スタイル] パネルに追加されます確認してみましょうウィンドウ > スタイル > 段落スタイルを選択しますこちらに索引用の段落スタイルが新しく追加されていますこの追加された段落スタイルの内容を[スタイル再定義] のコマンドを利用して 変更すれば索引テキスト全てに対して指定した内容の書式が適用されます試しにこちらの索引テキストの書式を変更してみましょうこちらのテキストを選択しますフォントサイズ:18Qフォント:小塚ゴシック Pro M更に[スウォッチ] パネルでこちらのカラーを適用します当然こちらにはオーバーライドを表すマークが表示されていますのでパネルメニューから[スタイル再定義] を選択します段落スタイルが更新され索引テキストの書式が変更されます同様の手順で他の索引の書式も設定をしてくださいちなみに[索引] パネルのパネルメニューから[ソートオプション...] を選択すると[ソートオプション]ダイアログが表示されますこちらを選択しますこちらのダイアログではソートされる順番が表示されていますデフォルト設定では記号 数字 アルファベット かなの順でソートされますが各項目を索引に含めるかどうかやソートする順序を変更することができます索引に含めるかどうかはこちらのチェックボックスの [オン/オフ]ソートする順序はこちらの 三角マーク をクリックして変更してくださいより上位にある項目から先にソートされますこのレッスンでは索引の運用方法について解説しました索引を手作業で作成しているケースを見かけますが非常に手間がかかってしまいます索引機能を利用する様にしましょう以上 索引の運用方法について学びました

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。