InDesignステップアップ講座

相互参照を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
同一ドキュメント、あるいは他のドキュメントの任意の場所を参照させることができる「相互参照」について学習します。
講師:
06:17

字幕

InDesign では相互参照の設定が可能です段落スタイルを適用したテキストから或いは任意のテキストをテキストアンカーとして設定することで相互参照を設定できますページに増減があれば修正内容が自動的に反映されますこのレッスンでは相互参照の設定方法について学びます相互参照では同一ドキュメント或いは他のドキュメントの任意の場所を参照させることができますまずは [相互参照] パネルを表示させましょうウィンドウ > 書式と表 >相互参照こちらを選択しますではまず [文字ツール] で相互参照させたい箇所にカーソルを置きますここでは こちらの詳細は の後にカーソルを置きました続けて[相互参照] パネルの[新規相互参照を作成]ボタンをクリックしますすると [新規相互参照]ダイアログが表示されますリンク先 にはテキストアンカー 段落 のいずれかを選択できますここでは まず段落 を選択してみましょうハイパーリンク先 ではどの段落スタイルが適用された段落にリンクするのかを指定しますここでは見出しという段落スタイルが適用された段落を指定しましたすると右側に見出し という段落スタイルが適用された段落が全てリストアップされますこの中から目的の段落を選択しますここでは02 InDesign CS6の新機能という段落を選択しましたすると カーソルを置いていた場所に相互参照が適用されます今度は相互参照をどの様に表示させるかを設定してみましょうこちらの相互参照形式 では目的の項目を選択することができるようになっています例えばこちら段落全体とページ番号を選択すると段落全体とページ番号が表示されますまた 段落テキストこちらを選択すると段落テキストのみが表示される様になりますここではこちらにページ番号こちらを選択しますすると この様にページ番号のみが表示されます今度は 表示される相互参照の内容を編集してみましょうこちらの[相互参照形式を作成または編集]ボタンをクリックしますすると [相互参照形式]ダイアログが表示され相互参照の内容を編集可能になりますこちらの 定義 フィールドの内容を変更してみましょうここではページ というカタカナを削除し行頭に p. と入力しますなお ダイアログのこちらのアイコンをクリックすることで特殊文字の挿入も可能です[OK] ボタンをクリックしますすると [相互参照形式] ダイアログで編集した内容がこちらのテキストに反映されますなお PDF の外観 の項目はPDF や .swf などを書き出す際に相互参照の外観をどの様にするかを設定する項目です印刷目的であれば特に設定する必要はありません[OK] ボタンをクリックしてダイアログを閉じますドキュメントのページ数に増減があればそれに合わせてページ番号も自動的に更新されます[ページ] パネルで3 ページを削除してみましょう[ページ] パネルを表示し3 ページを選択しこちらの[選択されたページを削除]ボタンをクリックしますするとこの様に1 ページ削除されたことで相互参照のページ番号も変更されますでは今度は任意の文字列に対してテキストアンカーの設定をしそのテキストアンカーを相互参照として設定してみましょうまず [文字ツール] でテキストアンカーを設定したいテキストを選択しますここでは3 ページ目を表示させますそしてこちらのTypekitという文字列を選択します次に [相互参照]パネルのパネルメニューから[新規ハイパーリンク先...]こちらを選択します[新規ハイパーリンク先]ダイアログが表示されますこちらの 種類 に テキストアンカー が選択されているのを確認します名前 には現在選択しているテキストの文字列が表示されていますが任意の名前を付けることもできますここでは そのままにして[OK] ボタンをクリックしますでは [文字ツール] で相互参照を挿入したい箇所にカーソルを置きますここでは先ほどのページの詳細は の後にカーソルを置きますなお こちらの p.4 の部分は削除しておきます次に[相互参照] パネルの[新規相互参照を作成]ボタンをクリックします[新規相互参照]ダイアログが表示されます今度はリンク先:テキストアンカー を選択しますするとこちらに テキストアンカー を選択可能になるので先ほど登録した設定を選択しますここでは既に選択されていますまた 相互参照形式 の 形式こちらに目的のものを選択しますここではテキストアンカー名とページ番号こちらを選択します[OK] ボタンをクリックするとテキストに相互参照が適用されますまた [相互参照] パネルに設定した内容が登録されますこの項目をダブルクリックすることでいつでも内容の修正が可能ですこのレッスンでは相互参照の設定方法について解説しました相互参照には段落スタイルを適用したテキスト或いはテキストアンカーとして設定した任意のテキストから作成できます相互参照を設定しておくとページの増減に合わせて修正内容を自動的に反映できますぜひ活用してみてください以上 相互参照の設定方法について学びました

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。