InDesignステップアップ講座

先頭文字スタイルを設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
先頭文字スタイルを設定することで、段落の先頭から任意の箇所までに対して、指定した文字スタイルを適用できます。このレッスンでは、先頭文字スタイルの設定方法を解説します。
講師:
06:36

字幕

大段記事のように段落始めの名前部分のみ書式を変えたいといったケースでは文字スタイルを作成して適用しますこれを手作業で行うと手間がかかりますが先頭文字スタイルという機能を使用するとこの作業を自動化してくれますこのレッスンでは先頭文字スタイルの作成方法について学びますこのドキュメントのテキストは大段記述となっており名前の後に :そしてその後に文章が続いていますこの様なケースで名前部分のみ 書式を変更するには文字スタイルを作成して適用しますこのドキュメントではすでにテキストには本文 という名前で段落スタイルが適用してあるのでまず 名前部分に適用する文字スタイルを作成します文字ツールで名前部分を選択します書式を変更しますここではフォントを 小塚ゴシックPro > Mそして カラーをスウォッチ >の赤 を設定しましたテキストを選択したまま文字スタイルパネルで[新規スタイルを作成] ボタンをクリックします文字スタイル1という名前で新規文字スタイルが作成されるのでこちらの 文字スタイル1 をダブルクリックします[文字スタイルの編集]ダイアログが表示されるのでスタイル名を入力しますここでは名前用 と入力し[OK]ボタンをクリックしますなお 文字スタイルを作成したらこちらの文字スタイルの[なし] をクリックしておきますこの手順は必ずしも使用ではありませんが後から先頭文字スタイルとして設定するため二重に文字スタイルを適用すること避けるためにも[なし] に戻しておくのがお勧めです次に 段落スタイル内に先頭文字スタイルを設定しますまず段落スタイル> 本文こちらをダブルクリックします[段落スタイルの編集]ダイアログが表示されるので左側のリストから[ドロップキャップと先頭文字スタイル]こちらを選択しますこちらに 先頭文字スタイルという項目がありますので[新規スタイル]ボタンをクリックします新規で先頭文字スタイルが作成され設定可能になりますまず 一番左のプルダウンメニューから適用したい文字スタイルを選択しますここでは 名前用こちらを選択しました次に こちらのテキストフィールトをクリックしますこちらのテキストフィールトにはその文字スタイルを何処まで適用したいか区切る文字を入力或いはこちらのプルダウンメニューから目的のものを選択しますここでは直接 : を入力しますこれにより段落先頭から:が出てくる所までに対してこちらの設定した文字スタイルが適用されるようになりますなお テキストフィールトに文字を入力するのではなく先頭から何文字目までに対しても文字スタイルを適用するかを文字数で指定することも可能です段落先頭から同じ文字数で適用したい場合はこちらを設定してくださいそしてこちら一番右のを含む で区切るこちらのいずれかを選択してくださいを含む こちらを選択すると:に対しても文字スタイルが適用されで区切る こちらを選択すると: に対しては文字スタイルが適用されませんここでは で区切る を選択しますプレビューにチェックを入れれば設定を適用前に状態を確認することもできます問題ないければ[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じますこの様に: が出てくる所までに対して自動的に文字スタイルが適用されましたでは 本文中の : を削除してみましょう文字ツールでこちらの : を選択してDelete を押して削除してみますするとこの様に文字スタイルが適用される範囲が変わります: がなくなったことで指定した文字スタイルが段落のすべてに対して適用されてしまいますでは任意の場所に : を挿入してみましょうこちらにカーソルを置き: を入力してみますするとこの様に: の前までに対して自動的に文字スタイルが適用されますこの様に先頭文字スタイルを設定しておくと自動的に文字スタイルを適用してくれるためテキストを追加や修正した場合でもInDesign が自動的に処理してくれますなお 大段記事のようなものをあんまり仕事で手かけることがない方だと先頭文字スタイルはあんまり必要のない機能のように思われかちですがこの様なケースであれば何方もよく使用するのではないでしょうかこちらをご覧ください見出しの頭に数字を付けるケースですこの様な場合数字だけフォントを変えたりサイズを大きくしたりといった書類はよく行われますでは こちらのテキストに予め作成しておいた段落スタイルを適用してみますまず こちらのテキストにはこちら 見出し1 を適用しますそして 下のテキストにはこちら 見出し2 を適用しますこの様にワンクリックでここまでできますでは 段落スタイルの中身を見てみましょうまず こちらの 見出し1 をダブルクリックしますダイアログが表示されたら左側のリストから[ドロップキャップと先頭文字スタイル]を選択しますこちらの先頭文字スタイルを確認してみましょうこちらには欧文スペースが入力されていますスペースなのでちょっと分かり辛いのですがスペースで区切るという指定をすることでスペースまでに対してこちらの文字スタイルが適用されるように設定をしていますでは[キャンセル]ボタンを押してダイアログを閉じますでは こちらの 見出し2 のほうに見てみましょうダブルクリックをして[段落スタイルの編集]ダイアログを表示します[ドロップキャップと先頭文字スタイル]を選択しますこちらにも同様に欧文スペースが入力してあります欧文スペースの所までに対してこちらの文字スタイルを適用するという設定をなっています先頭文字のポイントは予め文字スタイルを作成しておくことと段落スタイル内に設定するということです非常に便利な機能なのでぜひ先頭文字スタイルを作成してみてください以上 先頭文字スタイルの作成方法について学びました

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。