InDesignステップアップ講座

グリッドフォーマットを活用する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グリッドフォーマットは、いわばフレームグリッド設定のスタイル機能です。このレッスンでは、グリッドフォーマットの活用方法を解説します。
講師:
04:19

字幕

フレームグリッドのスタイルともいうべき機能がグリッドフォーマットですよく使用するフレームグリッドの設定をグリッドフォーマットとして登録しておくことで素早いフレームグリッドの設定が可能になりますこのレッスンではグリッドフォーマットの作成方法について学びます一般的にフレームグリッドの設定を変更したい場合には二つの方法があります一つ目は横組みまたは縦組みグリッドツールでフレームグリッドを作成しますそしてオブジェクト >フレームグリッド設定... を選択しますこちらの設定を この様に変更して [OK]ボタンをクリックすると変更内容がフレームグリッドに反映されますもう一つの方法は横組み または縦組みグリッドツールをダブルクリックしますすると [フレームグリッド設定(ドキュメントデフォルト)]ダイアログが表示されますこちらのダイアログで内容を変更して[OK]ボタンをクリックしますそのまま ドラッグしてフレームグリッドを作成しますすると 設定した内容でフレームグリッドが作成されますどちらの方法でも構わないのですがその都度フレームグリッド設定を変更していては手間がかかってしまいますそこでよく使用するフレームグリッドの設定はグリッドフォーマットとして登録しておくことをお勧めします一度作成したグリッドフォーマットはクリックするだけで簡単に使用できますちょっとやってみましょう選択を解除しますまず横組みまたは縦組みグリッドツールをダブルクリックして[フレームグリッド設定]ダイアログを表おじさせますグリッド書式属性 を設定しますここでは フォント:小塚ゴシックPro > Rフォントサイズ:14Q行間:8H と設定しました[OK]ボタンをクリックしますドラッグしてフレームグリッドを作成します次に ウインドウ > 書式と表 >こちらを選択します[グリッドフォーマット]パネルが表示されます作成したグリッドを選択したまま[グリッドフォーマット]パネルの[新規グリッドフォーマット]ボタンをクリックしますするとグリッドフォーマット1 という名前で新規グリッドフォーマットが作成されますこちらの グリッドフォーマット1 をダブルクリックしますすると[グリッドフォーマットの編集]ダイアログが表示されますこちらの内容を見てみると選択していたフレームグリッドの内容が反映されているのが分かりますグリッド名入力しますここではリード用 と入力して[OK]ボタンをクリックしますグリッドフォーマットの名前が変更されフレームグリッドとグリッドフォーマットが関連付けられます後は段落スタイルや文字スタイルと同様このグリッドフォーマットを適用すればOKですなお このドキュメントには予め いくつかのグリッドフォーマットが作成してありますフレームグリッドを選択して目的のグリッドフォーマットをクリックすればこの様に即座にその設定内容が反映されますちなみに グリッドフォーマットパネルには[レイアウトグリッド] というグリッドフォーマットが予めよいされていますこれは 新規ドキュメントを作成する際に新規[レイアウトグリッド]ダイアログで設定した内容が反映されたもので削除することはできませんつまりクリックすることでレイアウトグリッドと同じフレームグリッドが作成できる ということになりますなお グリッドフォーマットの各設定はマウスを重ねるとこの様にその内容を確認することができます今回はグリッドフォーマットの作成方法について解説しましたこのドキュメントのように目的別に複数のグリッドフォーマットを作成しておくと便利ですそれによりクリックするだけで目的に合わせたフレームグリッドに素早く設定できます以上グリッドフォーマットの解説でした

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。