InDesignステップアップ講座

表スタイルとセルスタイルを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表スタイルとセルスタイルの機能を利用して、表の見栄えをコントロールする方法を解説します。
講師:
07:49

字幕

表にもスタイル機能が用意されています表全体の外観をコントロールする表スタイル とセル単位での設定をコントロールするセルスタイル ですこのレッスンでは 表スタイル とセルスタイル の作成方法について学びます表スタイル や セルスタイル を作成して運用すれば素早く表の外観を設定できます表スタイル 内に セルスタイル を指定することができセルスタイル 内には 段落スタイル を指定出来ますその為これらをうまく運用するためには段落スタイル を登録し次に セルスタイル 最後に 表スタイル を作成するという手順がお勧めです表スタイルパネル とセルスタイルパネル を表示しておきますウィンドウメニュー からスタイル > 表スタイルウィンドウメニュー からスタイル > セルスタイル を選択します現在ご覧いただいているドキュメントには既に表が作成してありますこの表から 表スタイルセルスタイル を作成してみましょう標準テキストにはあらかじめ段落スタイル を作成して適用してありますこの部分に Head という名前の段落スタイルこの部分に left という 段落スタイルそしてこの部分に Main という段落スタイル が適用してあります文字ツール で上部のテキスト或いはセルを選択しますセルスタイルパネル の新規スタイルの作成 ボタンをクリックしますすると セルスタイル 1 という名前で新しくセルスタイルが作成されますセルスタイル 1 をダブルクリックしますセルスタイルオプションダイアログ が表示されますスタイル名を入力しますここでは 上セル と入力しました段落スタイルにセル内のテキストに適用したい段落スタイルを指定しますここでは Head を選択しました順に各項目を見てみましょう左側のリストから テキスト を選択しますセルの余白 や テキストの配置 に関する設定がされています今度は左側のリストから罫線 と 塗り を選択しますセルの線 や セルの塗り に関する設定がされていますそして 斜線の設定 を選択しますここでは 斜線 に関する設定がされていますOK ボタンをクリックしてダイアログを閉じます同様の手順で左側のセルとメインのセルのセルスタイルを作成しますこちらを選択しますセルスタイルパネル の新規スタイル作成 ボタンをクリックしますセルスタイル 1 をダブルクリックしますここでは名前を 左セル と入力し段落スタイルに Left を選択しますOK ボタンをクリックします次にこちらのテキストを選択し新規スタイルを作成 ボタンをクリックしますセルスタイル 1 をダブルクリックしますここでは名前を メインセル とし段落スタイルに main を選択しますOK ボタンをクリックしますトータルで三つのセルスタイルが作成できました各セルに設定させるセルスタイルはリンクを切断しておくのがベストですリンクを切断しておかないと表スタイルとセルスタイルの両方から同じ設定がリンクされることになりどの設定が反映されているのかがわかりづらくなるからですリンクの切断は目的のセルを選択した状態でセルスタイルパネル のパネルメニュー からスタイルとのリンクを切断 を選択します表をすべて選択しますセルスタイルパネル のパネルメニュー からスタイルとのリンクを切断 を選択します続けて 段落スタイルパネル のパネルメニュー からスタイルとのリンクを切断 を選択します今度は 表スタイル を作成します表スタイルパネル の新規スタイル作成 ボタンをクリックします表スタイル 1 という名前で新しく 表スタイル が作成されます表スタイル 1 をダブルクリックします表スタイルオプションダイアログ が表示されますスタイル名を入力します表 A と入力しました次に セルスタイルの各プルダウンメニューにそれぞれ目的のセルスタイルを指定しますヘッダー行 に 上セル左/上の列 に 左セル本文行 に メインセル を指定しました次に左側のカテゴリーから表の設定 を選択します線幅 を 0.1mm に設定します行の罫線 や 列の罫線塗り のスタイル も設定可能ですがここでは設定しませんこのままOK ボタンをクリックしてダイアログを閉じますこれで表スタイルの作成は完了です別の表にこの表スタイルを適用してみましょうスクロール して移動します文字ツール で表の一番上を選択します表メニュー から 行の変換ヘッダーに を選択してヘッダーとして指定します次に表全体を選択します表を選択したら 表スタイルパネル の表 A をクリックして適用しますすると 表 A の内容が反映され表の体裁が変わります各線の幅や高さまでは変更されませんので手動で再調整する必要がありますから注意してください表スタイルの内容を変更してみましょう選択を解除し 表 A の表スタイル をダブルクリックします表スタイルオプションダイアログ が表示されます左側のカテゴリーから塗りのスタイル を選択しますパターンの繰り返し に1行ごとにに反復 を選択してみましょうすると反復するカラーを指定可能になりますここでは 最初のカラー を なし次のカラー に C = 100 をOK ボタンをクリックしてダイアログを閉じますすると指定したカラーが反復されますあらかじめ作成しておいたベスト表スタイル を適用してみましょう表全体を選択します表 B というスタイルをクリックして適用しますすると簡単に表の外観を変更することができますこのレッスンでは表スタイルとセルスタイルの作成方法について解説しましたよく使用する表は表スタイルとセルスタイルを作成しておくとクリックするだけで表の外観をコントロール出来ますポイントは段落スタイルを登録しセルスタイル内に段落スタイルを指定します最後に表スタイルを作成し表スタイル内にセルスタイルを指定します是非試してみてください

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。