InDesignステップアップ講座

選択範囲内へペーストを活用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
[選択範囲内へペースト]の機能を活用するすることで、画像に対して面白い効果(使用法)を設定できます。どんなケースで有効な機能かを学習します。
講師:
03:48

字幕

選択範囲内をペースト コマンドを実行するとパスオブジェクトの中へ他のオブジェクトをペースト出来ます画像パスの中にペーストしたり表パスの中にペーストしたりといったように様々なオブジェクトを入れ子にすることが出来ますこのレッスンでは選択範囲内をペースト コマンドを利用した作業について学びます現在ご覧のドキュメントでは黄色の背景の上に背景を透明にしたハサミの画像更にその上に Cut というテキストが重なっていますハサミの刃が C の文字をくぐっているような表現をしてみたいと思いますペンツール を選択しますC の文字の上にクローズドパスを作成しますわかりやすいように線のカラーがついたままにしておきます選択ツール に持ち変えハサミ の画像を選択しますコピー を実行します次に先ほど書いたパスを選択し編集メニュー から選択範囲内へペースト を実行します選択していたパス内にハサミの画像がペーストされハサミが C という文字をくぐっているような表現が出来ます後は線のカラーをなし にすれば出来上がりですプレビュー表示 にして確認してみましょうハサミの画像が C の文字をくぐっているような表現になっています今度は別の例を見てみましょうInDesign では標準機能で角丸の表を作成することはできませんが選択範囲内へペースト コマンドを利用すると角丸の表も作成できますこちらのケースで見ていきましょう表示を 標準モード に戻しますこちらには既に表が作成してありますまず表を 選択ツール で選択します次に コントロールパネル のフレームを内容に合わせるボタンをクリックします表のサイズとテキストフレームのサイズがピッタリ同じサイズになりますこのような状態になったらコピ― を実行しますあらかじめ作成しておいた表と同じサイズの角丸の長方形を選択ツール で選択します編集メニュー から選択範囲内へペースト を実行しますすると角丸の長方形の中に表がペーストされ角丸の表が出来上がりますこの表は角丸の長方形でマスクされた状態になっており表のテキストなども編集が可能ですあらかじめテキストフレームをフレームを内容に合わせる コマンドを実行しておかないとテキストフレームの中心が角丸の長方形の中心に配置されるために位置がずれてしまいます必ず フレームを内容に合わせる コマンドを実行してからコピーをしておいてくださいプレビュー 表示にしてみましょう角丸の表がきちんと作成されているのが確認出来ますこのレッスンでは選択範囲内をペースト コマンドを利用した例を二つ紹介しました選択範囲内へペースト はオブジェクトの中にオブジェクトをペーストいわゆる入れ子にできる機能です入れ子の更に入れ子にするということも可能です使い方によっていろんなことが実現できますのでぜひ活用してみてください以上 選択範囲内ペーストコマンドを利用した作業について学びました

InDesignステップアップ講座

このコースでは、InDesignのスタイル機能について主に解説します。コースの後半では高度なスタイルの運用方法や、さまざまなスタイル機能の活用例を紹介します。すでにInDesignをある程度使用している方にも役立つ、より一段とスキルアップするための内容になっています。

3時間27分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。