Edge Animate CC 基本機能講座

画面全体構成のご紹介

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
まずは、Edge Animateの全体の画面構成を理解して、どのようなことができるのか全体像を理解しよう!
講師:
05:19

字幕

このレッスンではEdge Animateが全体としてどの様な機能を持っているかそしてどの様なことができるかを理解するためEdgeAnimateの実際の画面を見ながら画面内の各パネルについて一通りの概要を解説していきます。それでは始めていきましょう。いま画面に映っているのがEdge Animateの起動画面です。ここから全てのアニメーション制作が始まります。画面の左側にはプロジェクトファイルの新規作成そして、既存のプロジェクトを開くためのメニューがあります。また画面の右側にはEdgeAnimateからの機能の紹介そして、制作に関するドキュメントなどが用意されています。今回はEdge Animateの画面構成を紹介していくレッスンとなりますので「新規作成」ボタンを押してEdge Animateのメイン画面に移ってみましょう。画面が変わりましたね。この画面がアニメーションを作っていく為に利用するメインの画面となります。画面をご覧いただきますと一つのウィンドウの中に沢山のパネルが存在していることに気が付きます。これらのパネルそれぞれにはアニメーションの制作に便利な機能が備わっています。それでは、パネルを順番に簡単に解説していきながらEdge Animateの画面構成そして、EdgeAnimateで何ができるなのかといった全体的な機能の概要を理解していきましょう。 まずはこの中央にある白い画面この画面は「ステージ」パネルといいます。ステージでは制作中のアニメーションの確認やデザイン要素などを目視で直感的に配置や操作ができる箇所となっております。次に上部にあるこの横長のパネルこのパネルは「ツール」パネルといいましてステージ上に簡単な図形要素やテキスト要素の配置ができまた、配置した要素を移動したり、拡大/縮小といった編集をすることが可能です。次にこの右にあります「エレメント」パネルこのパネルでは ステージ上の要素を一覧で表示したり、管理したりすることができます。とりわけ、沢山の要素がステージ上に配置された場合などは特に重宝いたします。そしてこの「ライブラリ」パネル「ライブラリ」パネルでは、画像ファイルや音声ファイルなどを取り込むことができそれらを利用/管理することができます。次にこの左にあります「プロパティ」パネルこのパネルではステージ上に置かれた要素のプロパティ例えば、配置位置や大きさ透明度などといった多岐にわたる項目の設定を行うことができ表現豊かなアニメーションを作っていくことができます。そして、下にありますこの「タイムライン」パネルこのタイムラインはアニメーションを制作する上で欠かせない機能となっておりましていま赤線がある左端を「0」秒といたしまして右に向かって時間が経過していきます。 この時間軸の中でアニメーションを制作していきます。また表示されているパネルとは別に初期表示の場合では隠されている「コード」パネルというものがあります。それでは「コード」パネルを出してみましょう。「メニュー」>「ウィンドウ」>「コード」を選択したします。そうすると「コード」パネルが表示されてきます。「コード」パネルは、アニメーションをプログラムで制御するためのもので例えばFlashを利用したことがある方にはActionScriptの様なものだと思っていただければイメージしやすいでしょうか。EdgeAnimateで利用するプログラム言語は専用に用意されたEdge Animate APIそれと、JavaScriptというものを使って、制御していきます。以上で主なパネルの説明は終了です。ちなみに、これらのパネルの位置は自由に動かすことができます。試しにやってみましょう。例えばこの「エレメント」パネルこの「エレメント」パネルをクリックしてそのまま「ライブラリ」パネルの下までドラッグします。そうすることによって「ライブラリ」パネルと「エレメント」パネルの位置が逆になったことがわかります。アニメーションの制作に慣れてきたら自分のベストの配置を探してみてもいいかもしれませんね。 以上で今回のレッスンは終了です。Edge Animateの全体像どの様な機能を備えているかを理解するために一つ一つ画面構成を確認していきました。Edge Animateを使ってできることおおよそのイメージができましたでしょうか。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。