Edge Animate CC 基本機能講座

タイムラインパネル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムラインパネルは、アニメーションを実装するにあたって基本となるものです。ここでは、アニメーションを作り始める為に必要な、タイムラインパネルがもつ機能、及び見方について紹介していきます。
講師:
06:01

字幕

このレッスンではEdge Animateの「タイムライン」パネルの役割を簡単に紹介していきます。「タイムライン」パネルは時間軸の中で、アニメーションがどの様に構成されているかを確認する為のパネルであり実際にアニメーションを組み立てていくパネルでもあります。ここでは、実際のアニメーションを作り始めるために必要なタイムラインの持つ基本的な機能や見方について解説していきます。それでは画面を見ながら解説していきましょう。これはEdge Animateのメイン画面です。そして、今回ご説明する「タイムライン」パネルは初期状態で画面下部にあるこのパネルとなります。「タイムライン」パネルの横軸には時間軸が表示されており縦軸にはステージ上の要素が一覧となって表示されてきます。いまは新規のプロジェクトを作成した状態ですので縦軸にはステージ上しか表示されていません。ちなみにこのステージは「ステージ」パネルに表示されているステージと同様のものを指します。また、この横軸が表す時間軸ですが時間の単位は「秒」となっていてこのメモリーに振られている数字はアニメーション開始からの秒数が記載されています。それでは、試しにステージ上に図形要素を置いてみましょう。 設置しました。こうすることで、タイムライン上の縦軸にも今回設置した要素が表示されてきました。要素が設置できたところで早速、「タイムライン」パネル上でアニメーションがどの様に見えるのか確認してみましょう。まずは、この場で簡単なアニメーションを作ってしまいます。これで簡単なアニメーションが出来上がりました。一度、ステージ上のプレビューで確認してみましょう。ステージ上のプレビューは ここにある「再生」ボタンを押すことで確認できます。動いていますね。ここでタイムラインの中を見ていきます。先ほどと違って図形要素のタイムラインに色の付いたバーが表示されているのがわかります。この色の付いたバーはここでは「0」秒から「2」秒の間となりますが「この時間の間に、この図形がアニメーションをしていますよ」ということを表しています。試しにこの赤いラインを「0」秒から「2」秒の間を左右に動かしてみるとステージ上の図形が動きます。この赤いラインが指した時点での要素の状態をステージ上で確認することができるんですがこの様に「0」秒から「2」秒にかけて徐々に図形が移動しているのがわかります。ちなみにこの赤いラインとその上に付いている矢印のことを「再生ヘッド」と呼びます。 もう一つ注目していただきたいのがタイムライン上のアニメーションの開始位置 と終了地点にあるこの菱形のマークこれは「キーフレーム」と呼ばれその時点での要素の状態を記憶させる為のものです。実際のアニメーション制作時にはこのキーフレームをうまく使いながらアニメーションを組み立てていくことになります。以上で、タイムラインの主な機能や味方の説明は終了ですちなみに、タイムライン上で表示されている要素に対しては「エレメント」パネルの機能と同様に目のアイコンをクリックで要素の可視/不可視設定目の隣の丸印をクリックで要素の編集ロック設定左端の括弧アイコンクリックでアクションの登録 が行えます。これらの設定は、「エレメント」パネルと連動してたものになっていますので合わせて確認しておくと良いでしょう。またなかなか気づかない機能ではありますがタイムライン上で、表示される各要素の色を変更したい場合にはここの色をクリックすることで選択することもできます。以上で「タイムライン」パネルの説明は終了です。実際にアニメーション制作を始めていくにあたって「タイムライン」パネルの機能と見方を説明いたしました。「タイムライン」パネルの基本を理解して実際のアニメーション制作につなげていきましょう。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。