Edge Animate CC 基本機能講座

通知パネル

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アニメーションを制作中にうまく動作しなかったり、エラーが出てしまっている場合、この通知パネルが原因を教えてくれます。頻繁に見る癖をつけると、いいことがあるかも?
講師:
03:14

字幕

このレッスンではEdge Animateの「通知」パネルを簡単に紹介していきます。「通知」パネルは、それ自体その他のパネルの様にアニメーションの制作に利用するものではないのですがEdge Animateでアニメーションを制作している際に生じるプログラムエラーやその他注意事項などを教えてくれるパネルです。それでは実際の画面で見ていきましょう。これはEdge Animateのメイン画面です。「コード」パネルは普段は表示されていませんが何かしらの通知がEdge Animateから出された時はこの様に、「ステージ」パネルの右下に表示されます。ここに表示されるアイコンはその通知の種類によって主に注意やエラーなどがあります。そして、このアイコンをクリックすることによってEdge Animateから出されている通知内容を確認することができます。それではクリックしてみましょう。クリックするとこの様に、小さなパネルが開きます。この中には、Edge Animateからの通知がリストアップされておりそれぞれの項目にマウスオーバーすると内容の全文を確認することができます。この中で、赤色のアイコンで表示されているのは、致命的なエラーをまた、黄色のアイコンで表示されているのは注意事項を表しています。 また、パネルの中には「コード」というボタンがありますがこちらをクリックすると通知の中からプログラムコードに関わる通知のみを絞って、表示してくれます。その中で表示されている個々の通知の右側に付いている矢印ボタンをクリックすると問題が起きているコードの箇所などを表示してくれます。一度クリックしてみましょう。「コード」パネルが表示されました。この様に、赤い印を付けて問題のある箇所を教えてくれています。ここを修正して、プロジェクトを保存すると「通知」パネルからエラーがなくなります。やってみましょう。この様に、通知から先ほどのエラーがなくなりました。この様に、アニメーションを制作している中でうまく動作しなくなった場合などにはこの「通知」パネルに何か情報が表示されていないかどうか確認してみると良いでしょう。以上で説明は終了です。アニメーションを制作していく中で有用な情報を教えてくれる「通知」パネルについて解説いたしました。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。