Edge Animate CC 基本機能講座

画像の登録と管理

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自分でデザインしたキャラクタや画像を、動かしたい!?そんなときは、ライブラリパネルから登録していきましょう。ライブラリパネルでの画像の取り込みや利用、管理についてご紹介します。
講師:
06:21

字幕

このレッスンではEdge Animateで画像素材を利用したアニメーションを制作していくにあたり画像素材をプロジェクトに取り込んで利用/管理していくための方法を解説していきます。Edge Animateでは画像の利用/管理していくために「ライブラリ」パネルを利用します。それでは、実際の画面を見ながら解説していきましょう。画像の取り込み方法は主に二つの方法があります。一つ目は「ライブラリ」パネルの「イメージ」と書かれている箇所の隣の「+」ボタンをクリックして取り込む方法。そして二つ目はステージ上に直接素材をドラッグして取り込む方法です。順番に試してみましょう。まず、「ライブラリ」パネルの「イメージ」の横にある「+」ボタン をクリックするとファイルを選択する画面が表示されます。そして取り込みたい画像を選択した上で「開く」を押すとライブラリに追加されます。やってみます。するとこの様にライブラリの「イメージ」の中に先ほど選択した画像名が表示されました。これで画像の取り込みは完了です。次に、ステージ上に、直接PCからドロップする方法を試してみましょう。まずPCから取り込みたい画像を選択します。そして、そのままステージ上にドラッグしてきて、ドロップするとステージ上に画像が表示されたのと同時に「ライブラリ」パネルにも表示されます。 やってみましょう。この様に画像がステージ上に表示され「ライブラリ」パネルの方にも設置した画像名が表示されました。これで画像の取り込みは完了です。とてもシンプルですね。これで、アニメーション内で画像を利用する準備が整えました。ちなみにステージ上から取り込んだ画像は「ライブラリ」パネルから取り込んだものとは違ってはじめからステージに配置された状態になっていることに注目してください。次に、取り込んだ画像の使い方について見ていきましょう。取り込んだ画像をステージ上に配置するためにはライブラリにリストアップされている素材をステージ上にドラッグアンドドロップするだけでOKです。やってみましょう。画像を選択してステージ上にドラッグアンドドロップ。もう一度やってみましょう。ステージ上にドラッグしてきてそのままドロップ。この様に設置できました。またライブラリに登録された画像素材は同様の手順で、何個でもステージ上に配置することができますので合わせて覚えておくと良いでしょう。ちなみに、Edge Animateに取り込んだ画像は実際にPC上においてもEdge Animateのプロジェクトファイル内に格納されます。 一度、このプロジェクトを保存して確認してみましょう。これでプロジェクトファイルが保存されました。早速、保存されたプロジェクトファイルを見ていきましょう。これが保存されたEdge Animateのプロジェクトファイルです。よく見てみると、この中に「images」というフォルダがあるのに気が付きます。実際に、このフォルダの中に何があるのかを覗いてみましょう。この様に先ほど取り込んだ画像が含まれていますね。次に、ライブラリ内の画像を削除する方法を解説いたします。例えば、一度ライブラリ内に取り込んだ画像を削除したい場合などは「ライブラリ」パネル上から削除の操作ができなくなっています。その為、PC上のプロジェクトファイル内から直接画像を削除する必要があります。それでは実際に削除してみましょう。PC上の画像の場所を開くには「ライブラリ」パネル内の削除したい画像を右クリックします。すると、ファイルがある場所を開くためのメニューが出てきますのでそれを選択します。すると、画像の場所が開きますのでここから直接画像を削除します。画像を削除いたしました。それではこの状態で、Edge Animateに戻ってみましょう。 するとこの様にEdge Animate上で、画像が削除された旨のアラートが表示されます。この中でプロジェクトのリロードを求められますので「はい」を選択して実際のファイルと整合性を取ってください。これで、ライブラリ上から該当ファイルも削除されました。ちなみに、既に画像がステージ上に設置された状態で画像を消すとこの様に、ステージ上からもその画像は消えてしまいますので、注意してください。以上で説明は終了です。アニメーションで画像素材を利用していくために「ライブラリ」パネルを使っての画像素材の取り込み方、及び利用/管理の方法を実際の手順を見ながら解説いたしました。表現豊かなアニメーションを作るためには画像素材の利用は必要不可欠ですのでぜひ覚えておきましょう。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。