Edge Animate CC 基本機能講座

シンボルの登録と管理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ライブラリパネルでのシンボルの登録や管理を見ていきます!大規模なアニメーションの制作になればなるほど、シンボルの数が増えてくるので、ライブラリパネルを上手に使って管理していきましょう!
講師:
05:21

字幕

このレッスンではEdge Animateでシンボルを利用したアニメーションを制作していくにあたりシンボルの登録や取り込み利用/管理してくための方法を解説していきます。Edge Animateではシンボルの利用/管理をしていくために「ライブラリ」パネルを利用します。それでは、実際の画面を見ながら解説していきましょう。シンボルとは簡単に言えばEdge Animateで作成する独立したアニメーションを持つことができる要素で「ライブラリ」パネルの「シンボル」と書かれた枠の中で、管理していきます。画像素材などと違いシンボル自体、Edge Animateで作成するものですので基本的には特に意識することなくシンボルが作成された段階で自動的にライブラリに登録されてきます。一度シンボルを作ってみましょう。シンボルを作成するためにはステージ上に置いた要素を右クリックして「シンボルに変換...」を選択します。これでシンボルが出来上がりました。この様に、作成されたシンボルは、自動的に「ライブラリ」パネルに追加されます。次に、ライブラリに登録されているシンボルを利用する方法ですが単純に「ライブラリ」パネルから該当のシンボルを選択してそのままステージ上にドラッグアンドドロップするだけです。 やってみましょう。この様に、ステージ上にシンボルが設置されました。またライブラリに登録されたシンボルは同じ手順で、この様に、いくつもステージ上に配置していくことが可能です。設置したシンボルはそのシンボルを選択状態にしてキーボードのDeleteを押すことで削除することができます。また、Edge Animateで作成されたシンボルは単独のファイルで書き出して保存することが可能なのですがこの書き出された外部のシンボルファイルを「ライブラリ」パネルから取り込んでプロジェクト内で利用することが可能です。ダウンロードしたファイルを見てみましょう。ダウンロードしたファイルを見ていただくと「importsymbols1.ansym」というファイルが入っています。このファイルがEdge Animateのシンボルファイルです。試しにこのシンボルファイルをEdgeAnimate内に取り込んでみましょう。シンボルを取り込むためには「ライブラリ」パネルの「シンボル」と書かれている箇所の「+」をクリックします。こうすることで、「シンボルを読み込み..」というメニューが現れますのでそれをクリックします。こうするとファイルを選択する画面になりますので先ほどのファイルを選択して「開く」を押します。 これでシンボルの取り込みは完了です。この様に、取り込んだシンボルはライブラリに表示されます。これをステージ上に置いてみましょう。取り込んだシンボルを選択して、ステージ上にドラッグ、そして、そのままドロップ。魚の絵のシンボルが表示されましたね。ライブラリに登録されたシンボルに対してはライブラリ内で表示されているそれぞれのシンボルを右クリックして表示されるメニューから色々な操作をすることができます。一度メニューを表示させてみましょう。この様にメニューが表示されました。メニューの内容を見てみると「編集」、「削除」、「名前を変更」「複製」、「書き出し」の五つの項目があります。ここでは、例として「削除」を試してみましょう。するとEdge Animateから「コンポジションに選択したシンボルのインスタンスがあります」といたアラートが表示されます。これは簡単にいうと「アニメーションの中で、このシンボルが使われているけど、本当に削除してよいか」という意味です。ここでは問題ないので「はい」を選択して、削除してみましょう。すると、ステージ上から魚のシンボルが消え同時に「ライブラリ」パネルからも消えました。これでシンボルの削除ができました。 以上でレッスンは終了です。アニメーションでシンボルを利用していくために「ライブラリ」パネルを使って、シンボルの登録、利用、取り込み、管理の方法を実際の手順を見ながら解説いたしました。シンボルは大規模なアニメーションを制作していくとどうしても数多くなってきてしまうので「ライブラリ」パネルを活用しながら効率よく管理してみてください。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。