Edge Animate CC 基本機能講座

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ステージ上に配置された図形要素や画像要素に対して、4隅の角の形状を設定できる「角」プロパティについて、解説致します。アイデア次第では、おもしろい形状を作ることができるこの機能、是非理解して、活用していきましょう!
講師:
07:17

字幕

このレッスンではEdge Animate でステージ上に配置する要素に対して設定できるプロパティのうち角について説明していきます。角のプロパティは図形要素や画像要素に対して設定できます。それでは、実際に画面を見ながら確認していきましょう。まずは、今後の解説のためにあらかじめステージ上に要素を置いておきましょう。今回は正方形の図形要素を設置しましょう。正方形の図形要素を設置するためには「ツール」パネルから「長方形ツール」を選択しShiftを押しながらステージ上でドラッグします。このように、設置が出来ましたらこの要素をクリックして選択状態にしておきます。これで準備は完了です。少しわかりやすいように色も変更しておきましょう。「カラー」プロパティから色を選択してこのような状態にしておきます。これで、選択した状態にしておきましょう。角プロパティではその名の通り図形要素や画像要素の四隅の角の形状を設定でき角を尖らせたり丸めたりすることが出来ます。角の設定は [プロパティ] パネルのこの部分から行うことが出来ます。今、プロパティが閉じている状態ですので左にある矢印をクリックして内容を表示しておきましょう。 さて、この中で、上には「1 4 8」と並んでいるボタンがあります。これらのボタンは角を設定する細かさを選択することが出来ます。1からそれぞれ順にクリックしていくと設定できる個所が増えていくのがわかります。ここでは、分かりやすいように「1」を選択しておきます。それではこの状態で設定していきましょう。今、この下にあるpxと書かれているこのトグルをクリックすると単位を%に変更できますので変更しておきます。その上で、「0」と書かれているこの個所の数字を変えてみます。例えば、ここの数値を「50」にしてみましょう。ここをクリックして「50」と入力して表示してみるとこのように対象の正方形が円に変更されました。今度は、例えば 「20」と入れてみましょう。ここをクリックして「20」と入力します。すると、今度は円だった要素が丸角正方形に変わりました。このように、四隅の角の形状を変更することが出来ます。ちなみにこの四つの四角のボタンですがそれぞれが要素の四隅を表しておりクリックすることで角の形状の変更を適用するかしないかをそれぞれ設定することが出来ます。それでは一度分かりやすいように「50%」に戻してから右下の四角のボタンをクリックしてみましょう。 すると、要素の右下の角の変更の適用が外れ本来の直角の角になりました。このような形で、要素の四隅の角の形状をそれぞれに変更することもできます。それでは、一度本来の正方形に戻しておきましょう。右下の四角これをもう一度クリックして元に戻します。そして、今「-」となっているところに「0」と入れておきます。これで本来の正方形に戻りました。それでは少しこれを応用した例をご紹介します。まず、ここの「カラー」プロパティから要素の色を緑色に変更します。もう少し濃い方がいいですかね。このあたりです。次に、「角」のプロパティから「4」をクリックします。そして、右上の数値のところに「84」そして、左下の数値の所にも同様に「84」と入れます。すると、このようにまるで葉っぱのような形状のものを作ることが出来ました。このように、角をうまく調整すれば面白い形状を作ることも可能です。さて、先ほど「角」プロパティは画像要素にも適用できると言いました。画像要素に適用するとどうなるか一度試してみましょう。まずはダウンロードしたファイルにcorner.pngという画像ファイルがありますのでそれをステージ上に置いてみましょう。そして、それを選択した状態にして「角」のプロパティを四隅すべてを「50%」にしてみましょう。 ここを「%」に変更してここを「50」と入力します。するとどうでしょう。画像要素も四隅の角が丸められ円形の形となりました。見て頂くとわかる通り丸で円でマスクをかけたような状態になっています。「角」プロパティにはこういった使い方も可能なのです。以上で、レッスンは終了です。アニメーションを製作するにあたり図形要素や画像要素の四隅の形状を変更することができる角プロパティについて解説いたしました。アイディア次第で面白い使い方が出来るプロパティとなっていますので是非、いろいろと試してみてください。

Edge Animate CC 基本機能講座

Edge Animateはさまざまなデバイスに対応したアニメーションなどのコンテンツを効率良く作成することができるソフトです。このコースではEdge Animateの基本的な知識や機能について解説していきます。Edge Animateの画面の見方、各パネルの機能や使い方、各要素のプロパティの設定の仕方についても解説します。

3時間19分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。