Illustrator CS6とPhotoshop CS6の連携Tips

スマートオブジェクトを複製する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Photoshopに配置されたスマートオブジェクトを複製する、ふたつの方法について学びます。リンクが解除されてバラバラの状態で複製する方法と、リンクされた状態で複製され、Illustratorでの編集結果が一度に反映される方法です。
講師:
07:29

字幕

このレッスンではPhotoshop に配置されたスマートオブジェクトを複製する2つの方法について学びます。リンクが解除されてバラバラの状態で複製する方法とリンクされた状態で複製されIllustrator での編集結果が一度に反映される方法です。実際に見てみるのが早いので早速、始めましょう。まずは、このファイルについてご説明します。「レイヤー」パネルを見てみると3つレイヤーが入っています。一番下に、ビットマップになっている「背景」のレイヤーこれはロックされた状態です。そして、その上に「木」という名前のレイヤーこれが この右側にあるイラストでこれはベクトルスマートオブジェクトで出来ています。そして、その上の「花」というレイヤーこちらが、左下に置いてあるこの白い花のイラストでこちらもベクトルスマートオブジェクトです。これらを使って、木を複製したり花を複製したりしてみますけれども2つの違う方法でやってみましょう。ではまず、木のレイヤーを複製します。この時使うのは、リンクが解除されてバラバラの状態になっている複製方法です。まずは、この木この「木」のレイヤーを選択します。そして、メニューバーの「レイヤー」から「スマートオブジェクト」>「スマートオブジェクトを複製」こちらを選択します。 「レイヤー」パネルを見てみましょう。「木のコピー」というレイヤーが新しく出来てきました。「移動ツール」を使ってこのレイヤーを動かしてみます。このように木がコピーされて2本になりました。では、この片方の木を編集してどのような結果になるかをやってみましょう。「木」このもともとのレイヤーのサムネイルの右下にあるアイコン「ベクトルスマートオブジェクト」を表すアイコンをダブルクリックしてみます。OK を押してIllustrator の方に移動します。では、この木にクリスマスのような飾りをつけてみましょう。「楕円形ツール」で赤い「塗り」を選んで飾りを付けてみます。Option/Alt を押しながらこの丸を複製して増やしていきます。このように飾りが付きました。では、このファイルを保存します。メニューバーの「ファイル」>「保存」そして、終わりましたらファイルを閉じてみます。Photoshop の方に戻りましょう。そうしますと、片方の木だけにこの赤い飾りが付いていることが分かります。この「木」のベクトルスマートオブジェクトと「木のコピー」という方にはリンクの関係がなくバラバラの状態になっていることが分かります。 では、今度は「花」こちらを別の方法で複製してみます。今度は、複製されたものが全てリンクされてIllustraror で一度編集すると全てのスマートオブジェクトに対して編集結果が反映される方法です。「花」こちらのレイヤーを選んで今度は、メニューバーの「レイヤー」から「新規」>「選択範囲をコピーしたレイヤー」こちらを選びます。「花のコピー」がで出来ました。「移動ツール」を使って動かしてみます。花が2本になったことが分かります。メニューバーから辿っていってこのように複製してもよいのですけれども「レイヤー」パネルの中でリンク状態で複製することができます。この花のレイヤーを「レイヤー」パネルの下に並んでいるアイコン群のうち右から2つ目にある「新規レイヤーを作成」アイコンにドラッグして重ねます。アイコンと重なったところで手を離します。「花のコピー2」が出来ました。動かしておきましょう。もう一本増やしてみます。このように、花を4本に増やしました。では、この花のスマートオブジェクトをどれか一つ編集して全てに反映されるかやってみましょう。元々のスマートオブジェクトでなくても結構です。コピーされた方でも構いませんのでダブルクリックして OK を押します。 Illustrator の方に移動してきました。白い背景に白い花ですとパスが全く見えない状態ですので表示方法を変えておきましょう。メニューバーの「表示」>「アウトライン」にします。パスが見えてきましたのでこの花びらの部分を編集したいと思います。今、グループ化されていますので「選択ツール」でダブルクリックして「グループ編集」モードに入ります。そしてこの楕円形の花びらをShift を押しながら、全て選びます。動かしてしまったので一段階前に戻ります。全て選べました。それでは、塗りの色を変えましょう。「塗り」のアイコンをダブルクリックしてでは、薄いピンク色にしたいと思います。薄いピンク色を選びましたらOK をクリックします。そして、左上の矢印を2回押して「グループ編集」モードを抜けた後に「表示」を「プレビュー」表示に戻しておきます。このようにして、お花の花びらの色をピンク色に変えました。「ファイル」>「保存」を押して閉じておきます。では、編集が終わりましたのでPhotoshop に戻ってみましょう。一度、Illustrator 上で編集しただけでこのように、4本のお花が全てピンク色に変わったことが分かります。 この、お花のそれぞれのベクトルスマートオブジェクトは全てリンクの関係にあるということが分かります。ここまで、Photoshop に配置されたスマートオブジェクトを複製する2つの方法について解説してきました。リンクされた状態の複製とリンクが解除された状態の複製2つの方法の違いをよく確認してください。

Illustrator CS6とPhotoshop CS6の連携Tips

日本のデザインの現場でIllustratorとともに愛されているソフトのひとつにPhotoshopがあります。それぞれ単体でも十分優秀なソフトなのですが、組み合わせて利用すればさらにできることが広がります。このコースではこれら代表的なふたつのソフトの間でデータをやり取りして、より便利にグラフィックを作成する方法について学びます。

1時間15分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。