Illustrator CS6とPhotoshop CS6の連携Tips

ビットマップとしてペーストする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Illustratorで描いた図形をビットマップデータとしてPhotoshopにペーストする方法を確認します。直接ビットマップデータとしてペーストすると、すぐにフィルタをかけるなどの作業を始められます。
講師:
07:14

字幕

ここでは、Illustrator で描いた図形を ビットマップデータとしてPhotoshop にペーストする方法を確認します。直接ビットマップデータとしてペーストするとすぐにフィルターをかけるなどの作業を始められます。では、このサンプルのファイルをご覧下さい。こちらは、Illustrator で描いたイチョウの葉っぱの形です。アウトライン表示で見てみるとこのイチョウの形の通りにパスが描かれていることが分かります。プレビューに戻します。「ズームツール」で拡大してみるとこのようにグラデーションが滑らかにかかっている図形であることが分かります。では、全体表示に戻してみましょう。このイチョウの葉っぱの図形をコピーしてPhotopshop のファイルの方にペーストしてみたいと思います。「選択ツール」で選択をして「編集」>「コピー」します。そして、Photoshop の方に移動して今度は、「編集」>「ペースト」します。ここで、4つの選択肢がありますけれども「ピクセル」こちらを選びます。これを選ぶと、ビットマップとしてペーストできることになります。OK をクリックします。バウンディングボックスが付きますので適切なサイズに拡大、縮小をしてReturn/Enter で確定をしてください。 ここで、スマートオブジェクトと違うのはサイズを拡大、縮小する時に小さめにして確定してしまうと後からそのまま拡大するのは難しいということです。これは、もう直接このレイヤーがビットマップになっているためです。ここは、よく覚えておいてください。では、今ペーストされたこのイチョウの葉っぱの「レイヤー1」に対してすぐにフィルターをかけてみましょう。まずは「レイヤー1」が選択されている状態でメニューバーの「フィルター」>「ノイズ」そして、サブメニューの「ノイズを加える」これを選んでみます。このように、背景のこの土の部分と似た感じのやわらかめのノイズをかけてみます。あまりきつくかけすぎると美しくありませんので、お好みで。ここでは量を「3%」ぐらいにしておきます。そして、「分布方法」を「均等に分布」と「ガウス分布」がありますけれども「ガウス分布」にしておくと少しまだらな感じになってより自然な雰囲気が出せます。そして「グレースケールノイズ」にチェックをするとこのノイズの色が一色になりますけれどもここでは、チェックを外しておきます。このへんは好みで結構です。そして OK をクリックします。最初からビットマップのデータとしてペーストしているためこのようにすぐにフィルターをかけることが出来ました。 もう一つビットマップデータならではの処理をしてみたいと思います。では、「焼き込みツール」こちらの右手を輪っかにしているアイコンを選びます。「焼き込みツール」は暗室で写真をプリントしているような感じでブラシを撫でれば撫でるほどレイヤーの色を濃くしていくという役割があります。では、「焼き込みツール」でイチョウの片側を少し色を濃くしてみます。こうすることによって少し独特な立体感が出てきました。次は、「レイヤー」パネルから「レイヤースタイル」を使ってみます。「レイヤースタイル」はビットマップではないレイヤーに対しても使えるレイヤーの見かけを変える機能ですがここでは作品を仕上げるために使ってみます。「レイヤー」パネルの下部にあるfx というこちらのアイコンをクリックして開き「ドロップシャドウ」を選択します。そして、「距離」を「1px」「サイズ」も小さめに「2px」「不透明度」を減らすことによって少しだけ影が落ちた状態になるようにします。右側の「プレビュー」のチェックボックスを付けたり外したりしてどれぐらい効果がかかっているか確認をしましょう。よろしければ、OK をクリックします。「レイヤー」に fx というマークがついて今、ドロップシャドウの効果が付いていることが分かります。 では、このレイヤーを複製してみます。Photoshop でもIllustrator と同じようにOption/Alt でレイヤーを複製することが出来ます。「移動ツール」「ツール」パネル右列の一番上のツールに持ち替えてこのイチョウの葉っぱがある部分でOption/Alt を押します。そして、ドラッグして手を離すとレイヤーが増えます。「レイヤー」パネルを見てみると「レイヤー1のコピー」が出来ていることが分かります。もう一度、もう一枚増やしてみましょう。Option/Alt を押しながらドラッグをします。では最後にこの3枚のイチョウの葉っぱを回転させて整えてみましょう。今、「レイヤー1のコピー2」が選択されている状態で「編集」>「自由変形」を選びます。バウンディングボックスが付いてきますので回転させます。Return/Enter を押して確定します。今度は、「レイヤー1のコピー」一つ下のレイヤーを選んで「自由変形」を選びます。また回転させます。そして、Return/Enter で確定をします。後は位置を整えておきましょう。全てのレイヤーを一度に動かすにはShift を押しながら3つのイチョウの葉っぱのレイヤーを選んで移動させておきます。 ここまでIllustrator で描いた図形をビットマップデータとしてPhotoshop にペーストして味わいのある雰囲気のイラストを作ってみました。用途に応じてこのビットマップとしてペーストを選択してみてください。

Illustrator CS6とPhotoshop CS6の連携Tips

日本のデザインの現場でIllustratorとともに愛されているソフトのひとつにPhotoshopがあります。それぞれ単体でも十分優秀なソフトなのですが、組み合わせて利用すればさらにできることが広がります。このコースではこれら代表的なふたつのソフトの間でデータをやり取りして、より便利にグラフィックを作成する方法について学びます。

1時間15分 (11 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。