Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

ペイントツールの種類と主な特徴

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ひとことにペイントツールといっても、絵を描いたり、写真を絵のように見せたりするなど、さまざまな目的と効果のツールが用意されています。このレッスンではペイントツールに含まれるツールの種類と特徴について紹介します。
講師:
03:45

字幕

Photoshop のペイントツールはブラシで絵を描いたり塗り潰したり、色をのばしたり色を変えてみたりまた色を消してみたりなど子供のころから慣れ親しんだ筆記用具やお絵かき用具が専用の引き出しに整理整頓されているものだと思ってください。ブラシで絵を描いたり、消したり写真を絵のように見せたりレタッチしたり、様々な目的と効果のツールが用意されています。このレッスンではペイントツールに含まれるツールの特徴と合わせて色に関わるツールについて紹介します。Photoshop におけるペイントツールはツールボックスの上から8番目から 14 番目までの7つのアイコンに収納されています。それぞれに使い方に共通している部分がありますのでその基本的な使い方を覚えることで色々なツールを切り替えて使いこなせるようになります。主なペイントツールは上から順に色を描くツール連続して描くツール一度描いたタッチや画像を利用して描くツール消すツール塗りつぶすツール部分的に形を変える暗室ツール部分的に色を変える暗室ツールこの7種類に大きく分けられます。各ツールのアイコンの右下に小さい三角形が付いているものは長押しをすると、この様に引き出しが開きます。 この中から目的のツールを選びます。また色を描いていくツールという点で設定に共通しているものが多いのも特徴です。まず色を選ぶという操作が伴います。描く色はここにあります。左上の描画色の色が描く際に適用されここをクリックすると開くカラーピッカーで好きな色を選べます。ここでは赤を選びOK をクリックするとこの様に描画色が赤になりました。また右下の色は背景色といって予備的な色を設定しておくという目的の他にも消しゴムツールで消す際に消した部分に適用される背景の色ということで関わってきます。尚、色を選ぶ時にはカラーピッカーやカラーパレットでも選ぶことができます。またスウォッチパレットでは色鉛筆を選ぶように目的の色を簡単に選ぶことができます。描画色と背景色は左上にあるリセットボタンをクリックするといつでも描画色が黒背景色が白になります。また、右上にある入れ替えボタンをクリックするとこの様に描画色と背景色が入れ替わります。この様にペイントツールと合わせて描画色と背景色まわりも便利に使えるボタンなので覚えておきましょう。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。