Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

オリジナルのブラシを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーに描いた形や絵を、そのままブラシ先端として登録して使用することができます。オリジナルブラシを作ってブラシに登録して活用するまでの方法を解説します。
講師:
04:25

字幕

ブラシで描いた形や絵をそのままブラシ先端として、登録して使用することができます。オリジナルブラシを使って、ブラシに登録して活用するまでの方法を解説します。ここではオリジナルブラシ先端を作り、掛け網模様を描くまでをやってみましょう。まずオリジナルブラシ作成用の新規キャンバスをを作ります。ファイルメニューの新規から、幅の単位を pixel に設定します。幅と高さをそれぞれ100 pixel に設定します。キャンバスカラーはここでは透明を選びます。OK をクリックすると、このように幅と高さがそれぞれ 100 pixel の正方形の透明な画像ができました。キャンバスが小さいので、ズームツールを選んで三回クリックします。拡大表示をしておくと、作業がしやすくなります。ツールボックスの描画色と背景色を、初期設定に戻すという小さいボタンをクリックします。すると描画色が黒になります。ブラシツールを選んで、ブラシプリセットピッカーでハード円ブラシを選びます。直径は 3 pixel に設定します。この状態で横線・縦線・斜線を引いていきます。大まかな感じでかまいません。斜めの線も重ねていきます。これでオリジナルブラシの先端ができました。 これをブラシプリセットピッカーに保存します。編集メニューの「ブラシを定義」を選びます。分かりやすい名前を入力します。OK をクリックすると、これで登録されました。ブラシプリセットピッカーの一番最後のところに、オリジナルブラシ先端が登録されています。ここで、網目のブラシを使って、連続する掛け網模様を描いてみましょう。ブラシパネルの、ブラシ先端のシェイプをクリックして、間隔にチェックを入れます。数値をここでは85 程度に設定します。ブラシとブラシの間に空白が無い状態にしています。ここで新しいキャンバスを作ります。ファイルメニューから新規で、プリセットは Web を選びます。サイズは 800×600 を選び、キャンバスカラーは白を選びます。OK をクリックすると、白地のキャンバスができあがりました。ここをブラシでドラッグしていくと、このように掛け網模様ができあがります。なおこのブラシを一覧から削除したい時には、ブラシプリセットピッカーの削除したいブラシを右クリックして、ブラシを削除を選びます。このように自分の使いやすいブラシを作って用意しておけばそれだけでも効率よく直感的に描けるようになります。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。