Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

混合ブラシツールで色を混ぜながら描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
混合ブラシツールは、画像の元々の色や新たな色を混ぜながら描くことができます。ここではプリセットの色の組み合わせを使って、写真を油絵風に変える方法を紹介します。
講師:
03:47

字幕

混合ブラシツールは画像の元々の色や、新たな色を混ぜ合わせながら描くことができます。ここではプリセットの色の組み合わせを使って写真を絵画風に変える方法を紹介します。このようなバラの写真を油彩風に変えていきます。まず油彩風にしたい写真を開きます。次にブラシを設定します。ツールボックスで混合ブラシツールを選びます。ブラシプリセットピッカーで、ここでは羽 59 を選びます。ブラシのサイズを 100 に設定します。「各ストローク後にカラーを補充」をオフにします。これにより描画色が補充されず、元の色をのばします。その右にある「各ストローク後にブラシを洗う」をオンにして、有効な状態にします。これによってドラッグするたびに写真の色を読み取って描きます。混合ブラシの便利な組み合わせの一覧からモイストミックス(少量)を選びます。ブラシの形状に合わせて、色をのばしながら描くことができます。このブラシで花の部分をドラッグして描きます。柄の形や向きに合わせてストロークを描きます。また大きさに合わせてストロークの長さも調整します。次にブラシ先端を粗い擦毛に変更します。直径を 200 に変更します。混合ブラシの便利な組み合わせをウェットミックス(多量)に変更します。 これで背景を描くと色を混ぜ合わせながら、大胆なタッチで描くことができます。仕上げにブラシのサイズを60 に変更します。現在のブラシカラーを白に設定します。各ストローク後にカラーを補充を有効にして、ウェットミックス(少量)に変更します。写真の光の当たる部分をクリック・ドラッグして、ハイライトを強調して完成です。このように混合ブラシツールでは、色を重ねながら下の色と混ぜ合わせて描いたり色を伸ばすような感覚でペイントが楽しめます。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。