Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

パターンスタンプツールで模様を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パターンスタンプツールは、あらかじめ模様を登録しておき、ドラッグすると連続する模様を描いたり、模様を混ぜ合わせて油絵のような効果で描くことができます。パターンスタンプツールのオプションの設定や、印象派効果を使って簡単にパターンを描いてみましょう。
講師:
02:15

字幕

「パターンスタンプツール」は予め模様を登録しておきドラッグすると連続する模様を描いたり模様を混ぜ合わせて油絵の様な効果で描くことができます。パターンスタンプツールのオプション設定や印象派効果を使って簡単にパターンを描いてみましょう。ツールボックスで「パターンスタンプツール」を選びます。オプションバーの「ブラシプリセットピッカー」を開きここでは、羽 59 を選びます。「直径」は大きめの70 から 80 程度に設定しておきます。次に「パターン」をクリックしてパターンピッカーの「設定」をクリックします。この中から「自然」というセットを選びます。ここで 「OK」をクリックするとこのように自然の模様で置き換えられます。ここでは、左から5番目の紫のデイジーを選びます。次に「印象派効果」にチェックを入れます。これでパターンがシームレスに連続して面白い模様を描くことができます。次にこのクマのぬいぐるみの首の周りをドラッグします。すると、このようにニットのマフラーのような柄が出来上がります。頭も下からこのようにジグザグしてドラッグするとニットの帽子が出来上がります。このようにパターンスタンプツールは印象派効果にチェックを入れるとユニークな柄を描く効果としても利用することができます。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。