Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

オリジナルのパターンを描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パターンスタンプツールではオリジナルの模様を作って描くことができます。写真あら好きな部分をコピーして、パターン登録し、パターンスタンプツールで連続する模様を描いてみましょう。
講師:
04:08

字幕

パターンスタンプツールでは、オリジナルの模様を作って描くことができます。写真から好きな部分をコピーしてパターン登録してパターンスタンプツールで連続する模様を描いてみましょう。ここに動物の顔のチョコレートがいくつかならんでいます。この中から1つを選んでパターン化をします。まず簡単に選択できるクイック選択ツールを選びます。クイック選択ツールはツールボックスの上から4番目のボタンを長押しすると一番上に表示されます。これを選択します。オプションバーのブラシプリセットピッカーを開きます。ここで、直径を100 px に設定します。これでこの緑色のクマの顔をクリックすると簡単にきれいに選択することができます。選択したこのクマの顔をコピーします。「編集」メニューから「コピー」を選びます。コピーしたこのクマの顔を新しい画像に貼り付けます。「ファイル」メニューから「新規」を選んで「プリセット」はクリップボードのままで「カンバスカラー」は透明を選びます。「OK」をクリックするとこの様な透明な新規画像が開きます。ここにクマの顔を貼り付けます。「編集」メニューから「ペースト」を選びます。すると、ピッタリサイズに貼り付けられます。 これを今度はパターンに登録します。「編集」メニューから「パターンを定義」を選ぶとこのように表示されますのでパターン名に分かりやすい名前を入力します。これでパターンに登録されました。早速パターンに登録されたかどうかを確認してみましょう。パターンスタンプツールを選んでオプションバーの「パターンピッカー」を開くとパターンの一番最後に登録した物が表示されています。これをダブルクリックします。パターンを描くための新規画像を作ります。「ファイル」メニューから「新規」を選んで「プリセット」は Web を選択します。「サイズ」は 1280x1024 を選びます。「カンバスカラー」は今度は白を選びます。OK をクリックするとこの様な白い新規の画像が開きます。ここにクマのパターンを描いていきます。オプションバーの「ブラシプリセットピッカー」を開いてソフト円ブラシを選びます。直径はここでは100 に設定します。オプションバーの「調整あり」にはチェックを入れておきます。これによってドラッグを繰り返しても同じ位置からパターンが塗り重ねられます。画像をドラッグするとこのように連続するパターンが浮かんできます。このように部分的にオリジナルのパターンを描きたいといった時にはこのパターンスタンプツールを使う方法が便利です。 自分の好きなものやキャラクターを使ったオリジナルパターンを楽しめます。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。