Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

グラデーションツールで虹を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーションツールのオプションバーでは、いろいろなグラデーションをプリセットから選ぶことができます。既存のグラデーションを使って虹を描いてみましょう。
講師:
03:58

字幕

グラデーションツールのオプションバーでは色々なグラデーションをプリセットから選ぶことが出来ます。ここでは既存のグラデーションを使って虹を描きこの様な写真に貼り付けて虹のかかる風景を作ってみましょう。最初に正方形の新規キャンバスを作ります。「ファイル」メニューの「新規」から「幅」単位を「pixel」に設定します。「幅」と「高さ」にそれぞれ1280 と入力します。「カンバスカラー」は「透明」を選びます。OK をクリックします。するとこの様な正方形の透明な新規キャンバスが作られました。グラデーションは基本的には現在の描画色と背景色からなる2色のグラデーションを手軽に作れますがプリセットから既存の配色を選ぶこともできます。プリセットを開いてみましょう。オプションバーのグラデーションの右にある小さい下向きの三角形をクリックするとこの様に表示されます。ここから「透明(虹)」というグラデーションを選んでダブルクリックします。これでグラデーションが適用されました。今度はキャンバスの下の方をShift キーを押しながら垂直に下にドラッグします。この様な虹のグラデーションを描いて下さい。この虹を今度は円形にしていきます。 「フィルター」の「変形」から「極座標」というのを選びます。このままでは何も表示されていないので左側にある小さいマイナスのボタンを何度か押していくとこの様に円形のグラデーションが見えてきます。OK をクリックします。これで円形のグラデーションが出来上がりました。この虹をコピーします。「選択範囲」メニューの「すべてを選択」を選びます。次に「編集」メニューから「コピー」を選びます。これで虹がコピーされました。今度はこの虹を貼り付けられる画像を開きます。「編集」メニューから「ペースト」を選ぶとこの様に虹が貼り付けられました。この虹の位置を移動します。ツールボックスの一番上の「移動ツール」を選びます。虹をドラッグして位置を調整します。今度はレイヤーパネルを開いて「不透明度」を 30% に低くします。するとこの様に半透明になってこれで虹の合成画像が出来上がりました。この様に複数の色を使って作品に効果を加えたい時にはグラデーションツールのプリセットを利用すると比較的簡単にあっと驚くような作品に仕上がります。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。