Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

グラデーションツールに関するパネル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーションを編集するにはグラデーションエディターを開きます。ここではとても細やかなグラデーションの設定ができます。各機能と使い方について解説をします。
講師:
04:12

字幕

グラデーションを編集するにはグラデーションエディターを開きます。ここではとても細やかなグラデーションの設定ができます。白紙のキャンバスにこの様なグラデーションを塗りつぶすまでの各機能の使い方について解説します。グラデーションエディターを開くには「グラデーションツール」を選びます。オプションバーのグラデーションを表示しているボックスを直接クリックします。するとこの様な画面が開きます。プリセットには既存のグラデーションが用意されています。他にも設定ボタンをクリックすると下の方にこの様ないろいろなグラデーションのセットが用意されています。ここでは「ハーモニー1」というグラデーションのセットを追加してみましょう。ここではグラデーションを追加するので「追加」をクリックします。すると新たなグラデーションがこの様に追加されました。この様にプリセットから既存のグラデーションを選ぶのは簡単なのですが自分好みのグラデーションがない場合にはオリジナルで作ります。ここではプリセットの左上にあるグラデーションを参考にグラデーションを作っていきましょう。これは現在の描画色が左下に現在の背景色が右側に設定された2色からなるグラデーションです。 このマーカーの色を変えるにはマーカーをクリックして「カラー」をクリックします。カラーピッカーで好きな色に変更します。ここでは青色を選択してOK をクリックします。するとグラデーションのカラーが変化します。右側のマーカーもクリックして「カラー」をクリックして今度は赤に設定します。また途中に色を追加するには追加したい位置をクリックします。するとマーカーが追加されます。このマーカーをクリックして「カラー」をクリックして色を変更します。ここでは黄色に設定をしてOK をクリックします。すると3色からなるグラデーションになりました。マーカーをドラッグすると位置を調整できます。また分岐点もこの様にドラッグするとグラデーションの幅を変化させることができます。更に「不透明度」を調整することもできます。上にあるマーカーをクリックすると「不透明度」がハイライトされます。「不透明度」を 50% にすると半透明に「不透明度」を0にすると完全に透明になります。参考までにこのグラデーションで塗りつぶしてみましょう。OK をクリックしてオプションバーで「線形グラデーション」を選びます。画像の左から右に向けてドラッグするとこの様なグラデーションで塗りつぶされました。 この様にグラデーションエディターでは既存の色々なグラデーションを利用したりオリジナルのグラデーションを作り込むことができます。

Photoshopで絵やレタッチを楽しもう!

Photoshopにはペイントツールと呼ばれる鉛筆や絵筆など、絵を描くための専門のツールが多数用意されています。このコースではペイントツールの基本的な使い方を学ぶほか、各種レタッチツールやグラデーションツール、塗りつぶしツールなどさまざまなツールの使い方も解説していきます。

2時間20分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。