Office 365 for Mac: Outlook 入門

iPadのOutlookアプリの画面構成を理解しメールを閲覧する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは iPadのOutlookアプリの画面構成と メール閲覧の機能について説明します。 iPadのOutlookアプリでメールを整理しましょう。
講師:
02:07

字幕

このレッスンでは iPad の Outlook アプリの画面構成とメール閲覧の機能について説明します。iPad の Outlook アプリでメールを整理しましょう。iPad の画面の下にはメール・予定表・オンラインストレージにアクセスする為のファイル・連絡先・設定のボタンがあります。またメールのボタンをタップしてメールの画面に戻しておきます。メールの受信トレイは左上の「優先」と「その他」に分けられています。これはメールを予め仕分ける機能が設定されている為です。下のボタンの「設定」から「優先受信トレイ」の設定を見ると現在は有効になっています。ここをタップして、オフにすることで優先受信トレイが機能しなくなります。「メール」のボタンをタップします。先程画面の左上にあった「優先」と「その他」の表示が消えて受信トレイが1つに表示されています。受信トレイの右上の「フィルター」をタップすると、未読・フラグ付き・添付ファイルの3つの項目でメールを抽出することが可能です。「未読」をタップしてみます。まだ読んでいない未読のメールだけが表示されています。同じ個所をタップするとまたメニューが出てきます。今度は「フラグ付き」をタップしてみます。 これでフラグを付けたメールだけが抽出され、同じ要領で「添付ファイル」をタップすると添付ファイルが付いているメールだけ表示されてきます。表示の右側にある×のボタンをタップすることで、フィルターが解除され全てのメールが表示されます。このレッスンでは iPad のOutlook アプリの画面構成とメール閲覧の機能について説明しました。

Office 365 for Mac: Outlook 入門

Outlookは多くの機能をもったソフトで、Windows版のほかMac版もあります。このコースではOffice 365で利用できるMac版のOutlookの基本的な機能を解説します。メールや連絡先、予定表やタスク、メモの使い方などひと通りの機能を学習します。 Windowsで使い慣れたOutlookをMacでも活用するためにこのコースをお役立てください。

59分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年09月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。