Edge Animate 基本ワークフロー講座

要素プロパティとキーフレーム

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、実際にアニメーションを制作する前に覚えておいて頂きたい要素プロパティとキーフレームについて解説致します。
講師:
04:56

字幕

このレッスンではEdge Animate で実際にアニメーションを作成していくにあたりまずは理解しておきたい要素プロパティとキーフレームについて、解説していきます。まずは、ダウンロードしてきたファイルの中にあるnew_project.an をダブルクリックしてEdge Animate で開いておいてください。このファイルを使いながら解説を進めていきます。それでは実際の画面で見ていきましょう。キーフレームとはプロパティで設定したステージ上の各要素の状態をタイムライン上で記憶しておくためのものです。このキーフレームをタイムラインの中で随所に設定しておくことでアニメーションの時間軸の中で、各要素の状態をコントロールすることができます。今回解説を始めていく前にこの緑のボタンをクリックしてOFF にしておきます。実はこのボタンキーフレーム間のアニメーションを自動で補間してくれる とても便利な機能なのですが今回は、キーフレームがどういうものなのかを理解して頂くためにわかりやすくOFF にしておきます。それでは、早速キーフレームを設定していってみましょう。今回は、試しにこの魚にキーフレームを設定してみましょう。 まず、この魚をクリックして選択状態にしておきます。そして、キーフレームの設定のし方なのですが「プロパティ」パネル内の各要素各プロパティです。そこにあるこの菱形のマークこれをクリックすることでキーフレームを設定することができます。それでは一度試しにキーフレームを設定してみましょう。今回は、この「X」の隣にあるこの菱形のマークを押してこの魚にキーフレームを設定してみましょう。こうすることで、ここのタイムライン上にこのキーフレームが現れました。このキーフレームの隣には「左端 424」と書かれています。これはこの「0秒」の段階でこの魚の位置が左端から「424px」のところにあるよということを表しています。そして、この位置はこのキーフレームに記憶されています。キーフレームは、この赤いライン、いわゆる再生ヘッドがある位置に設定できます。試しにこの再生ヘッドを動かしてみましょう。例えばここの「1秒」のところに置いてもう一度、この菱形のマークを押してキーフレームを置いてみましょう。この様に、キーフレームが「1秒」のところで設定されました。それでは、このキーフレームに別の位置を設定してみましょう。いま「424」となっていますね。 ここの位置を変えるにはここをクリックして値を変更するか再度、こちらの「プロパティ」パネル内のここの数値を編集することによって変更することができます。それでは今回はこちらでやってみましょう。いま「424」となっているので例えば、これを「600」にします。この様にこのキーフレームに対しては「X:600px」という風に記憶されました。それではちゃんと記憶されているかどうか確認してみましょう。この再生ヘッドを、まずは先ほど設定した「0秒」のキーフレームに合わせてみます。こうするとこの間は「424」ですね。そして、「1秒」に持っていくとこの様に、「600」の位置に移動しました。この様に、キーフレームはこのタイムラインの時間軸の任意の場所でその位置での要素の状態を記憶させておくことが可能です。実際のアニメーションではこれらのキーフレームの間の状態をEdge Animate に自動で補間させることによって、作成していきます。以上でレッスンは終了です。今回は、実際のアニメーション制作の前に理解しておいて頂きたい要素プロパティとキーフレームについて解説していきました。ここで学んだ知識を生かして別のレッスンでは、実際のアニメーションの実装についても、解説していますのでそちらも参考にしてみてください。

Edge Animate 基本ワークフロー講座

このコースではEdge Animateでアニメーションを制作していくさいの基本的なワークフローを実際に作りながら学習していきます。新規プロジェクトの作成からタイムラインアニメーションの制作、シンボルの使い方やオーディオの利用、各種デバイスに対応させる方法などについて解説します。

2時間54分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。