Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

PowerPoint for Macを知る

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
PowerPointは資料を作るためだけのソフトだと思っていませんか?このレッスンでは資料を作るだけではなく、PowerPointで何ができるのかを紹介します。
講師:
03:03

字幕

このレッスンではPower Point for Mac でどんなことが出来るのかPower Point の機能を紹介します。Power Point は資料を作るためだけのソフトだと思っていませんか?もちろん Power Point の用途はスライド資料を作成することですがそのために、いろいろな機能が備わっています。Power Point for Mac で何が出来るのかを知り資料を作るだけでなくさまざまな用途で活用してください。Power Point for Mac で出来ること。1つ目、資料を作る。Power Point はプレゼンテーションマテリアルを作成する目的のソフトですからこのようにスライド資料を作成するのに便利で有効な機能がたくさん搭載されています。2つ目、スキーム図を作る。資料にはスキーム図はつきものです。文字ばかりでは理解しづらいですが文章をスキーム図に変換して説明することでわかりやすく、明確に理解してもらえます。このようなスキーム図を作成するときPower Point には簡単キレイに作成できる機能があります。3つ目、絵を描く。これらはすべてPower Point で描いた絵です。 Power Point ではむずかしい知識がなくてもこのようなイラストが描けてしまいます。4つ目、アニメーションを作る。Power Point には、いろいろな効果のアニメーションがあります。それらを駆使すれば複雑だったり面白い動きのアニメーションを付けることもできます。5つ目、音を付ける。Power Point ではサウンドを設定することも可能です。では、先ほどのアニメーションに音を付けてみました。(雨の音)(雷のゴロゴロという音)(ドーンドーンという爆発の音)(ドーンドーンという爆発の音)(ドーンドーンという爆発の音)(ドーンドーンという爆発の音)(ドーンドーンという爆発の音)(ドラムの音)このようにサウンドを付けてアニメーションを効果的に演出することも可能です。6つ目、スライドショーを行うスクリーンやタブレットを用いて発表するときはこのスライドショーを使います。このようにPower Point にはスライド資料を作るだけでなくさまざまな使い方があります。これらの使い方を知りPower Point を幅広く使ってみてください。このレッスンでは Power Point で何ができるかを紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。