Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

スライドにコメントを設定する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
スライドのオブジェクトに自分用の注意書きをなどを記したい時は、コメント機能を使うと便利です。アイコンを動かせば、どのオブジェクトについてのコメントなのかも分かりやすく提示できます。
講師:
03:03

字幕

このレッスンではスライドにコメントを設定する方法を紹介します。例えば1つのファイルを複数人で作成するときにスライドやコンテンツなどに指示などを記載したコメントを設定することができます。このコメント機能は自分用の注意書きなどを記したいときも非常に便利です。では、コメントの設定をしたいと思います。このスライド上にコメントを設定します。コメントは[挿入]のタブの[コメント]のアイコンをクリックします。そうすると、このようにテキストを挿入するブラウザが表示されます。この[Microsoft Office ユーザー]が自分のことです。ここに自分の名前が記されます。そして「誰々がこのコメントを書きました」というのがここに残されます。ではテキストを打ち込みたいと思います。「スライド変更予定」このようにコメントを入力しました。そうすると、ここにコメントのアイコンが表示されます。このまま×でこのブラウザを閉じます。そうすると、このスライドの端の方にコメントが設定されていますというアイコンが表示されます。コメントを表示させたいときはこのアイコンをダブルクリックします。そうすると、先ほどのブラウザが現れてコメントが表示されます。 このコメントに対して返事をする時は[返信]と書かれているところにテキストを入力します。「了解」Enter キーを押すとこのように返事が入力されました。また、新しくコメントを付けたいときは[新規]のアイコンをクリックします。そうすると、新しいコメントのアイコンが表示されました。ここでコメントを打ち込みます。このコメントのアイコンを動かすことができます。例えば、このタイトルに対してコメントを付けたい場合はこのコメントのアイコンをドラッグしてこのようにタイトルの近くに配置することができます。これによって「このコメントはオブジェクトに関してのコメントですよ」という風に提示することができます。コメントを削除したい場合は削除したいコメントを選択してこの右側の×印をクリックします。そうするとコメントが削除されました。削除したいコメントを選択して×印をクリックします。今ここにあったコメントのアイコンが削除されました。このように複数人で1つのファイルを作成するときの指示や自分に対する注意書きなどを記す時このコメント機能を使うと便利です。このレッスンではスライドにコメントを設定する方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。