Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

グループ化とグループ化解除について

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
図形を扱う時に要な機能である、グループ化について紹介します。
講師:
02:39

字幕

このレッスンでは、グループ化とグループ化解除について紹介します。グループ化とは、複数の図形を1つの図形として認識させることです。ここに複数の図形があります。この図形は今このように個々に触ることができて、それぞれ個々に動かしてこうバラバラになっています。この複数のバラバラの図形を1つの図形として認識させるのを「グループ化」と言います。ではやってみます。まず、複数の図形をすべて選択します。この状態で図形の上で右クリックをします。そうするとこのグループ化という項目が出て来るのでこの[グループ化]の中の[グループ化]をクリックします。そうするとこのように1つの図形として認識されました。グループ化してもそれぞれまた個々には一応生きていて、個々に選択することもできます。動かすこともできます。動かしたりできるんですけどグループ化はずっとグループ化なので1つの図形としての認識はまだされています。1つだけ選択して Delete で図形を削除することもできます。では Delete キーを押して削除してみます。このように1つだけ図形を削除することもできます。でもまだグループ化は続いています。これが「グループ化」です。 次にこのグループ化を解除するには、グループ化されている図形の上で右クリックをして、先ほどと同じ[グループ化]この項目のグループ解除を選択します。そうするとグループ化が解けて、また先ほどと同じように個々の図形になりました。グループ化は例えばスキーム図などを作った時にすべて作り終わった後に全部を選択してグループ化しておくと、形が崩れなくて済みますので非常に便利です。また縮小・拡大したい時にグループ化をして縮小拡大をすると、このように図形の位置関係が崩れないまま縮小拡大ができます。グループ化は図形の編集に非常に便利ですので、ぜひ覚えておいてください。このレッスンでは、グループ化とグループ化解除について紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。