Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

図形を結合する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
描画ツールの中の「図形の結合」を使って、色々な図形を創作することができます。くり抜き機能で画像と文字を融合させたり、使い方とアイデア次第で魅力的な効果がつくれます。
講師:
02:59

字幕

このレッスンでは、図形を結合する方法を紹介します。描画ツールの中の[図形の結合]を使って、いろいろな図形を創作することができます。今ここに2つの図形があります。これを[図形の結合]を使って自分のオリジナルな図形を作成してみたいと思います。まず図形を少し重ねます。2つ図形を選択してこの[図形の書式設定]というのを開きます。左側のこのアイコン、これが[図形の結合]のアイコンです。横にある下向きの三角をクリックしてプルダウンすると、このように5つの結合の機能があります。1つずつ見ていきたいと思います。まず[和集合]これが純粋に結合です。ではクリックしてみます。するとこのように先ほどの丸と三角という2つの図形が1つの図形に結合されました。では1つ前に戻って次にこの[結合]をクリックします。そうするとこのように、重なっている部分がくり抜かれて透明になっています。下に図形を置くとわかるんですけれどもこのように重なっている部分だけがくり抜かれました。次に、戻って戻って[切り出し]をクリックします。そうするとこのようにこれは何かというとそれぞれ重なった部分のこの線、枠線に沿って図形が分離されました。これが「切り出し」です。 ではまた前に戻ります。次に[交差]はこのように重なっている部分のみが抽出されます。他の部分が全部削除されて重なっていた部分だけが図形として抽出されます。ではまた戻って戻って最後[単純型抜き]をクリックします。そうすると下にある図形の形に型抜きされます。今下に丸がありました。この丸、重なっている部分が切り取られてこのような形の図形になりました。これらが図形の結合の機能になります。この図形の結合を使って自分のオリジナルな図形を作ったりPowerPoint では作りずらかった複雑なイラストなどを作ってみてください。このレッスンでは、図形を結合する方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。