Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

ワードアートを使う

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
テキストの文字に、グラフィックアートを施す方法を紹介します。グラフィックアート機能を使うと、簡単に文字を装飾出来ます。
講師:
02:34

字幕

このレッスンではワードアートの使い方を紹介します。テキストの文字にグラフィックアートを施すことができます。このグラフィックアート機能を使うと簡単に文字をカッコよく装飾することができます。今ここに「山橋美穂のパワーポイント講座」というテキストがあります。このテキストのテキストボックスを選択してこの[図形の書式設定]のタブを開きます。ここにあるのがワードアート機能です。では下向き三角をクリックしてプルダウンします。そうすると、このように色々な種類のグラフィックが予め用意されています。この中で自分の使いたいスタイルを選択してクリックします。そうするとこのように何でもない黒文字がカッコいいグラフィック文字になりました。このワードアートを元の文字に戻したい時は先程の下向き矢印をプルダウンしてこの[ワードアートのクリア]を選択するとシンプルな何の装飾もない文字に戻ります。ではクリックしてみます。このように最初の字体に戻りました。ワードアートのスタイルはここに組み込まれているのですが色を変えることができます。例えば、このワードアートを選択します。そうするとオレンジ色の文字に周りにまたオレンジ色の縁取りが施されています。 この状態でこの[文字の塗りつぶし]から文字の色を変えるとこのように文字の色が変わりました。この文字のアウトラインの色もここで変えることができます。これは文字の輪郭の色の設定のアイコンです。これをプルダウンしてこのように紫を選択します。するとオレンジ色のアウトラインが紫色に変更されました。このアウトラインはここで太さやスタイルを変更することも可能です。点線にしたりとか太くすることが可能です。このワードアートを使って文字をカッコよく装飾してみてください。このレッスンではワードアートの使い方を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。