Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

パワーポイントに組み込まれているスキーム図を使う

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
スマートアートは用途に分かれて色々な図が用意されています。どのような図が用意されているのかを紹介します。
講師:
03:22

字幕

このレッスンでは簡単にスキーム図が作れるSmartArt について紹介します。PowerPoint には予めダイアグラムが用意されています。それが SmartArt 機能です。作図が苦手な人でもSmartArt を使えば簡単にダイアグラムを作成することができます。では SmartArt を見ていきましょう。SmartArt は[挿入]タブのこの[SmartArt]というアイコンをクリックします。すると、各図形の用途が表示されます。このように、用途に分かれてダイアグラムが用意されています。なので、非常に分かりやすいです。自分がどのようなことを伝えたいかをこの用途から選択して更にその中に用意されているダイアグラムで自分が1番しっくりくるSmartArt を選択してください。[一覧][手順][循環][階層構造][集合関係][マトリックス][ピラミッド]と用途によって色々なデザインのグラフィックが用意されています。最後のこの[図]というのは画像を使用したい時のダイアグラムになります。例えば、これを選択してみます。クリックすると、このようにスライドの中にSmartArt が挿入されました。このアイコン、これをクリックするとここに画像が入ります。 ではダブルクリックをしてみます。するとこのように、ファイルが選択できるようになっていて画像を選択して[挿入]をクリックすると先程のここに画像が挿入されます。テキストや画像の入力はここからでも入力することができます。この[テキスト]をクリックするとこのように文字が書けるようになっています。更に、この画像のアイコンをクリックすると先程と同じように画像を挿入する画面が表示されます。この SmartArt は色を変更することができます。この[SmartArt のデザイン]の[色の変更]このアイコンをプルダウンして好きな色の組み合わせを選択することによってこのように色を変更することができます。もしくはこの[SmartArt のデザイン]の隣にある[書式]のタブこれを開いていただいてこの[図形の塗りつぶし]からでも色を変えることができます。SmartArt 内の図形を選択して[図形の塗りつぶし]をプルダウンします。ここから好きな色を選択するとこのように、選択した図形の色が変更されます。自分でダイアグラムを作るのが苦手な人はSmartArt を使うと素早く簡単にカッコいいダイアグラムを作ることができます。 このレッスンでは PowerPoint に組み込まれているSmartArt について紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。