Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

画像をトリミングする

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
画像の余計な部分をカットする方法と、カットした部分のデータを消去して、データの容量を軽くする方法、図形の形にトリミングする方法を紹介します。
講師:
02:50

字幕

このレッスンでは画像をトリミングする方法を紹介します。スライドに挿入した画像の、いらない部分をトリミングすることができます。今ここに一枚の画像があります。これをトリミングします。画像を選択してこの[図の書式設定]のタブの中のこの[トリミング]というアイコンをクリックします。そうするとこのようにトリミングの枠線が出てきます。トリミングしたい箇所の枠線をクリックして掴んで、そのままトリミングしていきます。クリックしてドラッグクリックしてドラッグ、です。これでトリミングができました。画像をトリミングしてもトリミングしたデータは残っています。この画像を選択して再度[トリミング]のアイコンをクリックします。そうするとこのように、トリミングした部分のデータがまだ残っているんですね。なので「あ、トリミングしすぎたな 」っていう時は再度このように元に戻すことができます。また大きい容量の画像をトリミングしてもトリミングしたデータは残っているので容量が変わりません。トリミングした部分のデータを削除するには図の圧縮の設定をします。[ファイル]からこの[図の圧縮]これを選択します。そうするとこのように [図の圧縮]を設定するブラウザが表示されるのでこの[図のトリミング部分を削除する]ここにチェックボックスをつけてOK します。 この状態で再度トリミングのアイコンをクリックするとこのようにトリミングしたデータが削除されました。トリミングした部分のデータを削除してファイルの容量を軽くしたい場合は今の図の圧縮の設定をしてください。また画像を図形の形に切り抜くことができます。画像を選択して[図の書式設定]を開きます。この[トリミング]のアイコンをプルダウンします。そうすると[図形に合わせてトリミング]という項目があります。この図形の中から切り抜きたい図形を選択します。ではハートを選択してみたいと思います。これをクリックすると、このように画像が図形の形に切り抜かれました。このレッスンでは、画像をトリミングする方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。