Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

表を挿入する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
表の挿入方法を紹介します。
講師:
02:13

字幕

このレッスンでは表の挿入方法を紹介します。スライド上に表を挿入したい時は[挿入]のタブのこの[表]このアイコンをプルダウンします。そうするとこのようにセルを選択することができるので必要な行と列のセルを選択してください。選択し終わったらクリックします。そうするとこのようにスライド上に表が挿入されました。もしくはこの表のアイコンをクリックして一番下の[表の挿入]というのを選択します。そうすると[表の挿入]というブラウザが表示されるのでここに直接数字を打ち込んでも表を挿入することができます。例えば結構大きい数のセルが必要だった場合はこの方法で挿入します。列数が「25」行数が「25」これで[挿入]のボタンをクリックします。そうするとこのように縦 25、横 25 列の表が挿入できました。使うセルの数が少なければ先ほどの挿入のタブのこの表のアイコンのここから簡単に挿入できます。必要なセルの数が多い場合はこの[表の挿入]をクリックしてここに直接数字を打って表を挿入してください。またもう一つ、プレスホルダーがある場合このプレスホルダー内のこのアイコンこのアイコンをクリックしても表を挿入することができます。 ではクリックしてみます。そうすると先ほどと同じように、数字を直接打ち込むブラウザーが表示されます。ここに列と行の数を直接打ち込んで[挿入]ボタンをクリックします。そうするとこのようにプレスホルダー内に表が挿入されます。このレッスンでは、表の挿入方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。