Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

スライドショーを繰り返し流れるように設定する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
スライドショーをエンドレスに流す事で、プレゼンターがいない時にダイジェストとしてスクリーンに映し出すなど、シーンによって使い方が広がります。
講師:
02:10

字幕

このレッスンではスライドショーを繰り返し流れるように設定する方法を紹介します。PowerPoint ではスライドショーを自動で切り替え、繰り返し流れるように設定する事ができます。スライドショーを自動にエンドレスで流す事で、プレゼンターが居ない時にダイジェストとしてスクリーンに映し出す等、シーンによって使い方が広がります。スライドショーを繰り返し流れるように設定するには画面の切り替えの設定をします。[画面切り替え]のタブを表示します。その中の、まずここで自動切り替えの設定をします。スライドを全て選択して、今[クリック時]にチェックが付いていましたが、この[後]という所にチェックを付けて、時間を入力します。今 2 秒と入力したので、2 秒毎にスライドが自動で切り替わります。そして、[スライドショー]のタブからこの[スライドショーの設定]をクリックします。そして[オプション]の中のこの[esc キーが押されるまで繰り返す]、ここにチェックを付けます。通常スライドショーは最後のスライドに行くと、黒、または白い画面になって終わりますが、この[esc キーが押されるまで繰り返す]にチェックを付けると、最後のスライドからまた最初のスライドに戻ります。 これで[OK]をクリックします。では、スライドショーで確認してみましょう。スライドショーの画面に切り替えます。そうするとこのように、2 秒毎にスライドが切り替わります。そして最後のスライドに行ったら、最初のスライドにまた戻ります。このように、表紙に戻りました。これでスライドショーが自動に繰り返し流れます。このレッスンではスライドショーを繰り返し流れるように設定する方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。