Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

スライドをプリントアウトする

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ファイルをプリントアウトするとき、スライドのレイアウトを設定することができます。
講師:
02:38

字幕

このレッスンではスライドをプリントアウトする方法を紹介します。ファイルをプリントアウトする時、スライドのレイアウトを設定する事ができます。ファイルをプリントアウトするにはこのメニューバーの[ファイル]をクリックします。そしてこの[プリント]を選択します。そうするとこのように、プリントアウトに関係するオプションが表示されます。ここで表紙サイズやプリントアウトするスライドを選択する事ができます。この[選択されたスライド]にチェックを付けると、今選択されているこのスライドのみプリントアウトされます。また、スライドを指定したい時、例えば、1 枚目のスライドと4 枚目のスライドのみをプリントアウトしたいときは[スライド指定]にチェックを付けてここに半角英数字で1, 4 と打ち込みます。また、プリントアウトする時のレイアウトをここで設定します今、スライドが選択されています。この横の矢印をプルダウンすると、このようにレイアウトを選択する事ができます。では、[配布資料 2 スライド]を選択したいと思います。そうするとこのように、1 ページに 2 枚のスライドが表示されてプリントアウトされます。このようにレイアウトを選択すると、このプレビュー画面でどのようなレイアウトで出力されるかが確認できます。 またこの[メモ]、これを選択すると、スライドの下にメモ書き用のスペースが設けられます。ここで配布資料を見ながらプレゼンターの言葉をここに書いたりする事ができます。メモ書き用のレイアウトです。もしプリントアウトした際にヘッダーやフッターを表示させたい場合はこの[ヘッダー/フッター]のアイコンをクリックしてください。そうするとこのように、ヘッダーとフッターに表示させる項目を選択する事ができます。もしフッターにファイル名などを表示したい時はこの[フッター]のチェックボックスにチェックを付けてここのファイル名を入力してください。また、ヘッダーを表示させたい時は[ノートと配布資料]を開きます。ここでヘッダーのチェックボックスにチェックを入れて、表示させたいテキストを入力してください。全て設定が終わったらこの[プリント]のボタンをクリックします。このレッスンではスライドをプリントアウトする方法を紹介しました。

Office 365 for Mac:PowerPoint 基本講座

Office 365 for Macで利用できるPowerPointはマイクロソフトが提供しているOffice 365を使用したスライド作成ソフトです。このコースではOffice 365 for MacのPowerPointの基本的な操作方法や機能を紹介します。スマートアートの使い方や図形にグラフィックを施す手順、表をカスタマイズする方法などを解説します。

3時間23分 (69 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年10月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。