Edge Animate 基本ワークフロー講座

イベントとアクションを使ったオーディオ操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Edge Animateで作成したアニメーションに取り込まれた音声ファイルを、Edge Animate APIを使ってイベントとアクションから操作する方法を解説致します。
講師:
04:38

字幕

このレッスンではEdge Animateで製作したアニメーションに取り込んだオーディオつまり、音の素材についてイベントとアクションからEdge Animate APIを利用して再生していく方法について解説致します。まずは、ダウンロードしてきたファイルの中にあるNew Project.anをダブルクリックしてEdge Animateで開いてください。そして、そのファイルを開いた状態がこの画面です。このファイルを使いながら解説を進めていきます。それでは、実際にやってみましょう。今回は、この「スタート」ボタンが押されたのと同時に音声を再生するといった処理をイベントとアクションから設定してみたいと思います。まずは、こちらのボタンのイベントこちらですね。すでに、このボタンを押すとアニメーションがスタートしてボタンが消えるといったアクションが登録されています。ここに、音声を再生するといったアクションを登録したいと思います。音声を再生するこちらのアクションに関してはこちらの「スニペット」パネルですでに用意されています。こちらの「オーディオの再生」ですね。こちらをクリックしてこちらのエリット部分に挿入します。 すると、この様な形になります。次に、こちらの「my_audio_element」と書かれている所に再生させたいオーディオの名前音声要素の名前を入力します。今回は、こちらの「audio」という名前の音声ですね。なので、こちらに「audio」と入れ込みます。こちらで、完了です。一度コードパネルを閉じてそして、一度プレビューする前に「ボリューム」だけ調整しておきましょう。今100%となっていますのでこちらを少し抑え目の3%にしておきます。それでは、この状態でブラウザーでプレビューしてみましょう。すると、この様に表示されましたね。「スタート」ボタンを押してみます。この様に、「スタート」ボタンを押した時に音声を再生するといった処理がイベント、アクションそして音声を再生するといったEdge Animate APIのプログラムで処理することができました。今、音声が鳴り終わった後にループされずに後ろのアニメーションだけが動いていますね。なので、こちらの音声にループを設定したいと思います。戻ります。ループを再生するにはこちらのオーディオ要素を選択した状態でこちらのプロパティ「ループ」にチェックします。この状態で、もう一度ブラウザーでプレビューしてみましょう。 表示されましたね。では、「スタート」ボタンを押します。この様にイベント、アクション、そしてEdge Animate APIを使って再生された音声に対しても「ループ」を設定することができました。戻ります。この様にしてイベントアクションそして、Edge Animate APIを使うことによってプログラムで音声要素の制御を行うことも可能です。以上で、今回のレッスンは終了です。今回は、Edge Animateのアニメーションに組み込まれた音声ファイルをイベント、アクションを通してEdge Animate APIで制御する方法を実際の手順を通して解説いたしました。これらの方法を利用することによってゲームといったコンテンツを作成する際にボタンを押したら、効果音を鳴らすなどといった制御が可能になります。是非、覚えておきましょう。

Edge Animate 基本ワークフロー講座

このコースではEdge Animateでアニメーションを制作していくさいの基本的なワークフローを実際に作りながら学習していきます。新規プロジェクトの作成からタイムラインアニメーションの制作、シンボルの使い方やオーディオの利用、各種デバイスに対応させる方法などについて解説します。

2時間54分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年06月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。