Word 2016 for Mac 入門

Wordの画面構成について確認する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Wordの画面構成について確認します。
講師:
05:22

字幕

このレッスンでは、Word の画面構成について確認していきます。Word を起動すると画面の上の所にはリボンが表示されます。リボンの見出しであるタブをクリックすることでリボンを切り替えリボンの中の機能を、適用することができるようになっています。現在表示されているリボンのタブをクリックするとリボンは非表示になります。もう一度タブをクリックすることでリボンは表示されるようになります。リボンの上の所には[クイックアクセス]ツールバーがあります。[クイックアクセス]ツールバーは右端の下向きの三角のボタンをクリックすることで表示する項目を増やすことができます。画面の一番下のグレーの領域の所を[ステータスバー]と言います。様々な情報が表示される所ですが右端には、画面の表示倍率を変更する項目があります。プラスのボタンをクリックすると画面の表示倍率が大きくなりマイナスのボタンをクリックすると表示倍率が小さくなります。スライドをドラッグして動かすことで適当な大きなに変更することができます。表示倍率を変更する左側にはWord の表示モードを変更するボタンが5つ並んでいます。一番左側は[印刷レイアウト]という表示モードでWord で一番よく使われるモードです。 その右側が[ウェブレイアウト]モードです。クリックするとWord でウェブページを作成した時どの様な表示になるのか確認することができるようになっています。更に、その右側は[アウトライン]の表示モードです。クリックすると表示が変わります。この文章には[アウトライン]の機能を適用しています。[アウトライン]の機能が適用されていると文章の左側に画面のようなマークが表示されマークをダブルクリックすることで項目を折り畳むことができます。また、このマークをドラッグすることで項目を入れ替えることが簡単にできるようになっています。マークをダブルクリックすることで折り畳まれて非表示になっていた項目が表示されます。文章にアウトラインの機能を適用しているとこのアウトラインの表示モードは非常に便利に使うことができます。その右にあるボタンが[下書き]の表示モードです。[下書き]の表示モードは文章に表示されている写真や図形などを非表示とし文字の確認をし易くしている表示モードです。よって、この文章に挿入されていた画像が現在は非表示になっています。一番右側にある[フォーカス]の表示モードをクリックすると文章の内容以外はすべて非表示になっています。 リボンを非表示になることで文章の内容に集中して編集することができます。リボンの機能を適用したい場合は画面の上の所にマウスを移動させるとリボンは表示されます。リボンの項目をクリックすることでリボンの機能は適用できます。[フォーカス]のモードを終了させるにはキーボード左上の EscEsc キーを押すことで一つ前の表示モードに戻ります。一つ前には、[下書き]の表示モードを利用したので画面は[下書き]の表示モードになっています。一番左側にある[印刷レイアウト]のボタンをクリックして通常の[印刷レイアウト]の表示に戻しておきます。最後に、リボンの場所を分かり易くするためにグループ名を表示します。画面一番上のメニューバーの[Word]>[環境設定]を選択します。Word の環境設定の画面が表示され上の端の左から2つ目にある[表示]のボタンをクリックします。画面の表示が切り替わると右下にある[グループタイトルの表示]という所をクリックしてチェックを表示させます。画面の左上、赤い[×]ボタンで閉じます。すると、リボンの下の所にこれまで表示されていなかったグループの名称が表示されていきます。リボンは幾つかの塊になっていてそれぞれの塊がグループ名という形で表示されます。 これで、広いリボンの何処の場所を適用するのかグループ名を利用することで分かり易くなります。このレッスンでは Word の画面構成について確認していきました。

Word 2016 for Mac 入門

Mac版のWord 2016は画面構成もWindows版とほとんど同じで高い互換性があり、使い方のポイントを押さえれば誰でも簡単に見栄えのよい文書を作成することができます。このコースでは初めてWordを使う人を対象に、用紙サイズの設定や文字入力、改ページの手順や表の作成、 画像の挿入など基本的な機能に絞って解説します。

1時間18分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。