Word 2016 for Mac 入門

新規文書を作成・保存する

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、新規文書を作成・保存する方法について確認します。
講師:
04:02

字幕

このレッスンでは新規文書を作成、保存する方法について確認します。Word を起動するとこの様な画面が表示され左側では、[新規作成]という項目が選択されているので[白紙の文書]や様々なテンプレートの中から選択して新しい文書を作成していくことができます。他にも左側の[最近使ったファイル]という所をクリックすると最近使った履歴が表示され以前 Word で編集したことがあるファイルが表示されます。また、左側の一番下の[開く]という所を選択するとマックや***など任意の場所から直接文書を開くことができます。今回は左側のサイドバーは[新規作成]を選択し[白紙の文書]をダブルクリックします。これで、白紙の文書が表示され新しい文書が作成できるようになります。何かデータを入力し文書を保存します。文書を保存するには[ファイル]>[名前を付けて保存]を選択するとMac の何処に保存するのか表示が出てきます。「場所」という所をクリックすると保存する場所を選択することもできますしファイル名の右側にある下向きに矢印のボタンをクリックすることでサイドバーが表示されMac の何処にファイルを保存するのか分かり易く指定できます。 今回はデスクトップにファイル名はそのままで保存しておきます。ファイルを保存すると画面の上の所のファイル名は保存したファイル名に変わります。Word を終了する時はメニューバーの Word のメニューをクリックしてメニューの一番下にある[Word を終了]を選択することでWord を終了することができます。改めて開く時はファイルをダブルクリックするか若しくは、Word が起動している状態で[クイックアクセス]ツールバーの左側にある[ファイル]というボタンをクリックするとWord を起動時に表示される画面が表示されます。ここから最近使ったファイルから履歴を選択したり[開く]や[新規作成]で新しいファイルを作成していくこともできます。今回は利用しないので右下にある[キャンセル]のボタンをクリックして画面は閉じておきます。[保存]のボタンは他にも[クイックアクセス]ツールバーの左から2つ目の所に[保存]のボタンがあります。また、[クイックアクセス]ツールバーの右側の下向き三角のブタンをクリックするとメニューが表示され[新規作成]という所をクリックしてチェックを入れると[新規作成]のボタンが表示されます。 [クイックアクセス]ツールバーに表示された[新規作成]のボタンをクリックすると新しく白紙の文書を作成することができます。また、クイックアクセス]ツールバーの右側にある下向き三角のボタンをクリックして「名前を付けて保存」という所にチェックを入れると保存とは異なる[名前を付けて保存]というボタンが表示されるので[名前を付けて保存]のボタンをクリックすると常にファイルを付けて保存する場所を確認してファイルを保存するという流れができるようになります。今回は[キャンセル]で閉じでおきます。このレッスンでは新規文書を作成、保存する方法について確認しました。

Word 2016 for Mac 入門

Mac版のWord 2016は画面構成もWindows版とほとんど同じで高い互換性があり、使い方のポイントを押さえれば誰でも簡単に見栄えのよい文書を作成することができます。このコースでは初めてWordを使う人を対象に、用紙サイズの設定や文字入力、改ページの手順や表の作成、 画像の挿入など基本的な機能に絞って解説します。

1時間18分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。